現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2018年、ボルボの世界販売台数が初めて60万台を突破! 立役者はXC60、XC90、そしてXC40

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.8

2018年、ボルボの世界販売台数が初めて60万台を突破! 立役者はXC60、XC90、そしてXC40

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルボ・カーズが2018年度の世界販売台数の過去最高記録を更新し、1927年の創業以来初めて60万台を突破した。2018年の年間販売台数は64万2253台(前年比12.4%増/昨年同期57万1577台)となり、5年連続で過去最高記録を更新し続けている。

 スウェーデンはイェーテボリにあるボルボ本社によれば、2018年の販売記録更新はボルボの主要市場である米国、中国、ヨーロッパ地域において、数々の受賞歴を誇るSUV ラインナップを含む新型車の高い需要を示した結果だという。昨年12月の販売台数は前年比2.8%増の6万0157台となった。

    ロードスターもRX-8も集合! あなたのマツダ車を思い切り走らせるいい機会? マツダファン・サーキットトライアル2019のカレンダーが発表

 とりわけ米国市場では、18年1 月~12 月における販売台数が前年同期比 20.6%増の9万8263 台を達成している。この好調な結果は XC60を含むSUVラインナップの充実が大きく貢献している。また、米国で生産されてい る新型S60の導入が始まり、2019 年の売上に貢献すると見込まれている。昨年12月の米国市場の販売台数は8826台となっている。
 
 一方、中国での販売台数は前年同期比 14.1%増の 13万0593台で、とくに昨年12月の販売台数は17.9%も増加し、1万1868台にのぼっている。この伸長は現地で生産されたXC60と S90の好調さが後押しした。

 ヨーロッパ市場でも業績は好調で、販売台数は 31万7838 台となり、前年同期比で6.4%増加している。新型 V60とXC40の成功がこの結果に大きく貢献したのである。昨年12月の地域販売台数は 2万9469 台となった。


 ここ日本においても、2017年のXC60、そして18年のXC40と、海外メーカーとして史上初めて2年連続でカー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、さらに18年には96年以来22年ぶりに2万台を越える新車受注台数を記録するなど、絶好調が続いている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します