現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クラリオンが中・長距離の自動遠隔出庫システム、スマホで呼び出し…CES 2019で発表へ

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.8

クラリオンが中・長距離の自動遠隔出庫システム、スマホで呼び出し…CES 2019で発表へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラリオン(Clarion)の米国部門は1月7日、米国ラスベガスで1月8日に開幕するCES 2019において、自動車向けの自動遠隔出庫システムを初公開すると発表した。

この中・長距離の自動遠隔出庫を実現するシステムは、「ロング・レンジ・サモン」と呼ばれる。新システムを構成する主な技術は、センサーフュージョン技術、コネクテッド技術、位置情報制御技術の統合技術だ。このうち、センサーフュージョン技術は、クラリオン独自の自動駐車システムの「パーク・バイ・メモリー」で実現した低速自動運転技術のセンサー機能を強化したものになる。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

自動遠隔出庫のプロセスは、まず入庫時に駐車する場所の周辺環境や経路、外界情報を記憶する。ドライバーが、スマートフォンの車両呼び出しボタンを押すと、スマートフォンの位置情報と車両の記憶情報をベースに自動出庫を開始する。そして、センサーフュージョン技術を基に、走行可能領域を特定し、ユーザーの待機位置まで駐車場内を自動走行する。センサーフュージョン技術が、走行経路上に障害物がある場合は回避を行う。

中・長距離の自動遠隔出庫システムが想定される使用場面は、例えば海外の大規模駐車場だ。入庫時に記憶させた駐車環境をベースに、ユーザーの元までスマートフォン操作により、自動で車両を呼び出すことができる、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します