現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【コレ何?】このクルマ、いったいなんだか知っていますか? その11

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.8

【コレ何?】このクルマ、いったいなんだか知っていますか? その11

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年最初の「コレ何?」。前回と同じ、某コレクションで見つけた平面ボディのRV風オープンカー。ミリタリー・ファンなら知っているかもしれないけれど、どこの国の、なんていうクルマ?

これこそ、世界初のSUVか!?
このクルマの名前は「キューベルワーゲン」。第二次大戦前の1937年から開発された、ドイツの軍用小型車だ。その名が示すとおり、フォルクスワーゲン・ビートルをベースにしている。

    【やんちゃなトヨタ】セラ トヨタのやり過ぎた傑作車たち その1

従ってエンジンは985cc(後期型では1130ccにアップ)の空冷水平対向4気筒OHVをリアに搭載し、後輪のみを駆動する。

サイズは全長3.74×全幅1.60mと軍用車両としては比較的小型で、車重も725kgと軽い。駆動輪にリダクションギアを採用してロードクリアランスは29cmもあるので、軽量な車体とRR方式、簡潔な足回りも相まって悪路走破性は高かった。

戦後、レプリカが製造されて日本にも導入されているが、この車両は1944年に製造されて実際に使われていたクルマをレストアしたもの。日本の車検をクリアして、「1944」のナンバーを取得している。

コンパクトなボディながら、4枚のドアを持つ4人乗りで、リアシートの後ろには大きなラゲッジスペースもある。まさに、世界初のSUVとも呼べるキューベルワーゲン。第二次大戦終了までに、約5万2000台が生産された。

このキューベルワーゲンについては、ホリデーオート2019年2月号「モンスターマシンに昂ぶる」で詳しく紹介しています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Webモーターマガジン編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します