現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 半世紀を経て復活したイタリアン・スクーター…ランブレッタ V125[詳細画像]

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.8

半世紀を経て復活したイタリアン・スクーター…ランブレッタ V125[詳細画像]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

歴史ある二輪メーカーの中には、一度製造を中止して、その後復活を遂げたブランドがいくつがある。イタリア生まれのスクーター『ランブレッタ』もそのひとつだ。

ランブレッタは、イタリア・イノチェンティ社の2輪ブランドとして1947年に最初のスクーターを発表、50~60年代にはスクーター人気も相まって世界各国で人気を博した。だが70年代のイタリア労働争議の嵐に巻き込まれ工場は閉鎖された。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

その後、不法コピーモデルや類似商品が出回ったりもしたが、2017年、オーストリアのKSRグループとの共同出資によりランブレッタが復活。同年のミラノショーで一般公開され、2018年からは、サインハウスが輸入元となり日本での発売も開始された。

約半世紀の時を経て帰ってきたランブレッタは、オリジナルのデザインを守りながらも現代風に洗練されたスタイリング。ボディは伝統のスチール・モノコック形状を採用し、ヘビーウェイトにならないよう航空材技術を駆使し、超薄型の剛板を効率よく配置する。

灯火類はすべてLEDを使用し、メーター周りは大型で視認性の良いデジタルディスプレイとレトロデザインのスピードメーターで構成。またフロントフェンダーのボケット内にはUSBチャージャーを装備するなど、現代の道路事情やライフスタイルに合ったモデルに仕上がっている。

排気量は125cc(本体価格40万円・税込み)以外に、50cc(本体価格38万円・税込み)と200cc(本体価格45万円・税込み)も用意される。とはいえ、ボディやフレームの基本は同じで、エンジン、ブレーキの構成がそれぞれ異なるため、使用用途や乗り味、所有する免許によって選ぶのが良いだろう。

ちなみに、購入に関しては、輸入元であるサインハウスのショールームや全国のランブレッタ取扱店はもちろん、日本中どこのバイクショップでも購入できるというユニークなシステムを採用している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 松崎祐子)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します