現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ZF、自動運転の頭脳にザイリンクスの技術を採用…リアルタイムでデータ収集&処理

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.8

ZF、自動運転の頭脳にザイリンクスの技術を採用…リアルタイムでデータ収集&処理

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ZFとザイリンクスは1月6日、提携を結び、ザイリンクスの技術をZFの人工知能(AI)ベースの自動車用コントロールユニット、「ZF ProAI」に採用すると発表した。

ザイリンクスは米国カリフォルニア州に本拠を置き、エンドポイントから、エッジ、クラウドに至るまで、多種多様な技術を搭載したアダプティブ プロセッサやプラットフォームを開発している。ザイリンクスが発明した技術には、FPGA、ハードウェア プログラマブル SoC、ACAP などがある。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

ZF ProAIは、ZFとエヌビディアが共同開発した人工知能ベースの自動車用コントロールユニットだ。ZF ProAIは車載に対応でき、クラウド経由の高機能化アップデートやアップグレードが可能。ZF ProAIは自動運転の頭脳としての役割も担う。

ZFは、ZF ProAIにザイリンクスのプラットフォームを導入して、リアルタイムのデータ収集と処理、配信を行う。ZFは、新しいAIベースの電子制御ユニットでAI処理を高速化する、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します