現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コンチネンタルが「5GハイブリッドV2X」、2つの通信規格に対応…CES 2019で発表へ

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.7

コンチネンタルが「5GハイブリッドV2X」、2つの通信規格に対応…CES 2019で発表へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンチネンタル(Continental)は1月4日、米国ラスベガスで1月8日に開幕するCES 2019において、「5GハイブリッドV2Xソリューション」を初公開すると発表した。

コネクテッドカーは、ドライバーと乗員が最新のインフォテインメントにアクセスすることを可能にする。また、リアルタイムの交通情報やロードハザード、他の車両やインフラと直接通信することで、安全支援機能を高め、運転をより安全で効率的なものにする。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

これを実現するために、コンチネンタルの5GハイブリッドV2Xソリューションは、4Gおよび5Gネットワークアクセスだけでなく、ダイレクトV2X通信用の専用短距離通信(DSRC)やセルラーV2X技術も統合しているのが特徴だ。

新開発のハイブリッドV2Xソリューションでは、同じハードウェアとソフトウェアプラットフォームを使用することにより、DSRCとセルラーV2Xのどちらの通信規格にも対応する。コンチネンタルによると、コストだけでなく、グローバル規模でV2X通信アプリケーションの複雑さが低減されるという。

なお、コンチネンタルは2020年代初頭に、ハイブリッドV2Xソリューションの量産を世界規模で開始する予定、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します