現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > SKYACTIV-G第一弾!「圧縮比」を世界に知らしめたエンジン──P3-VPS "SKYACTIV-G 1.3"

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.5

SKYACTIV-G第一弾!「圧縮比」を世界に知らしめたエンジン──P3-VPS "SKYACTIV-G 1.3"

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ P3-VPS "SKYACTIV-G 1.3"シリンダー配列 直列4気筒排気量 1298cc内径×行程 71.0mm×82.0mm圧縮比 12.0最高出力 68kW/6000rpm最大トルク 121Nm/4000rpm給気方式 NAカム配置 DOHCブロック材 アルミ合金吸気弁/排気弁数 2/2バルブ駆動方式 ロッカーアーム燃料噴射方式 DIVVT/VVL In/×

 スカイアクティブGの第一弾として、先代デミオ後期型に搭載されたP3-VPS。吸排気にVVTを備え吸気側は電動式、クールドEGRを用いて筒内酸素濃度を抑え、燃焼温度を下げることでノッキングを回避し、圧縮比14.0を実現するという、トピックに溢れるエンジンだった。
 しかしデミオのモデルチェンジにともなって大幅にリファイン、VVTは吸気側が油圧となり、排気側のVVTは廃止された。高性能版ともいえるディーゼル仕様をラインナップするため、ガソリン仕様は徹底的なコストダウンが図られたというわけだ。圧縮比は12.0に下げられたが、それでも依然として高い。
 JC08モード燃費は25.0km/ℓから24.6km/ℓに低下しているが、先代はCVTとの組み合わせだったためにカタログ燃費を狙いやすかった一面もあった。現行は6速ATもしくは6速MTとの組み合わせのため、低速トルク重視に振って実用燃費の向上を図ったという。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sa2*****|2019/01/05 22:52

    違反報告

    デミオの1.3は仕事で初代から最新まで乗り続けています。ガソリン入れない月があるくらい、実用性の高いエンジンだとおもいます。ここ数年、燃費計算しなくなっています。
  • kan*****|2019/01/07 09:44

    違反報告

    JC08 WLTC どっちも現実的な指標になってない
    のは十分に分かった

    一部の評論家が内装のデザインが~と聞くと嫌気がさす
    そんなの乗って一日目で気にならなくなる そんな所で凝ってもなぁ
  • roa*****|2019/01/05 23:52

    違反報告

    デミオは確かによく走りますね。
    スカイアクティブに成りたての旧型はカタログ燃費に拘りすぎて走らなくなりましたが、モデルチェンジしてから素人の私でも分かる位凄く良くなりました。
    やるじゃんマツダ
    これからも良い車を作って下さい。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します