現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ビート、インテグラ、ストリーム……こんなにあった! 同じ名前のクルマとバイク〈ホンダ編〉

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.5

ビート、インテグラ、ストリーム……こんなにあった! 同じ名前のクルマとバイク〈ホンダ編〉

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二輪と四輪、両方を手がけるメーカーとして知られるホンダ。マニア心をそそられるのは、同じ車名を持つバイクとクルマが存在するということ。ホンダファンならずとも知っておきたい、ネーミングが同じオートバイと自動車を集めてみました。

ストリーム──Stream

    北米で売れているマツダ車の2台に1台は、CX-5!2018年北米マツダの販売台数が発表された

「流れ」を意味する英語。リヤ2輪の個性的なトライクとして1981年に登場した。四輪版ストリームは2000年に登場し、二代目が14年まで生産された。

セイバー──Saber / Sabre

「刀(サーベル)」を意味する英語。二輪版はSabre、四輪版はSaberと綴りが異なるが、前者はイギリス流、後者はアメリカ流であり、意味は同じだ。発音はそれぞれの訛りの違いが多少はあるものの、日本語で表記すれば両方ともセイバーとなる。

インテグラ──Integra

「完全にする」という意味のIntegrateや、「不可欠な」という意味のIntegralからの造語。もともと二輪につけられ、後に四輪につけられた後、再び二輪につけられた希有な例だ。

 二輪版インテグラは、前年にデビューしたVT250Fのフルカウル版として1983年に登場した。正式名はVT250Fインテグラで、インテグラはサブネームとしての扱いだった。

 四輪版は1985年のクイントのフルモデルチェンジに伴い、「クイントインテグラ」として登場した。二代目からはクイントが外れ、インテグラを名乗る。天皇陛下が自ら運転される愛車としても有名だ。四代目が2006年まで生産された。

 そして12年、NC700シリーズの1モデルとして再び二輪版インテグラがデビュー。14年に750ccまで排気量を拡大される変更を受けるなどして、16年まで販売された。

ビート──Beat

「打つ、リズミカルに叩く、打ち負かす」などを意味する英語。まるでクルマのような個性的なカウリングを持つスクーターとして1983年にデビューした。四輪版は軽自動車初のミッドシップスポーツカーとして91年に登場した。同じ名前を持つホンダの二輪と四輪のなかで、双方が最も似たテイストを持っていた例かも知れない。

トゥデイ──Today

「今日」を意味する英語。四輪版が先に出た二例のうちのひとつ。シティにも通じる特徴的な1.5BOXシルエットの軽ハッチバックとして四輪版トゥディがデビューしたのは1985年。93年に二代目へとスイッチしたが、商用バン扱いのトゥディ ハミングは二代目と並行して販売され、二代目販売終了の98年まで続いた。

 二輪版トゥデイは50ccスクーターとして2002年にデビュー。二代目がユーロ4排ガス規制の施行となる16年まで生産された。

ジャズ──Jazz

 文字通り音楽用語の「ジャズ」を意味する英語。最初に四輪版が出て、二輪版が続き、再び四輪版が登場し、さらにまったく異なるモデルとして三たび四輪版に採用されるという、まさにホンダでしかあり得ない変遷を辿ったネーミングである。

 1981年にデビューした初代シティの海外仕様のモデル名として82年に採用されたのが始まり。86年には50ccのクルーザーモデルという特異な二輪車のネーミングに採用された。

 93年、今度はいすゞ・ミューのOEMモデルのネーミングとして登場し、2001年からはフィットの海外市場向けネーミングとして使われている。写真は14年(国内版フィットは13年)にデビューした三代目だが、初代シティから数えると四輪版としては五代目ということになる。



スパーダ──Spada

「剣」を意味するイタリア語。VT250のサブネームとして採用された。四輪版は、二代目ステップワゴンのスポーティグレードとして2003年にデビュー。ひとつのモデルとしてポジションを完全に確立し、五代目となる現行モデルにも名を連ねている。

ジェイド──Jade

「翡翠」を意味する英語。直列4気筒を搭載するスポーティながらも扱いやすい250ccモデルとして1991年に登場。四輪版はストリームの後継車として2015年にデビューした。

 以上、二輪と四輪の両方に使われたネーミングは8種類にのぼった。このうち、二輪が先だったのが6種類、四輪が先だったのが2種類だった。ここにも「ホンダのルーツは二輪にあり」であることを感じさせられる。

 現在、二輪と四輪の両方を作っているメーカーは、ホンダのほかにスズキとBMWが挙げられる。そしてKTMも少数ながら四輪を生産している。これらも含め、ホンダ以外の二輪四輪同名モデルについても追ってまとめてみたい。乞うご期待!

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します