現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 満を持して復活した5代目「フェアレディZ」 初代をオマージュし記憶にも記録にも残る1台に

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.5

満を持して復活した5代目「フェアレディZ」 初代をオマージュし記憶にも記録にも残る1台に

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■全グレード3.5リッターNAエンジンで2シーターとなった5代目「フェアレディZ」

 日産がルノーと提携を開始した翌年の2000年に、「フェアレディZ」の系譜は4代目のZ32型をもって一旦途絶えることになりました。しかし、日産を代表するスポーツカーの火は消えず、2002年に5代目となる「Z33型 フェアレディZ」が発売されました。

    日産「フェアレディZ」(初代) 優雅でコワモテ? 「淑女」はなぜ「Z」をともなうのか

 2002年といえば「平成12年排出ガス規制」の非適合車種に設定された生産猶予期限が切れる年で、「スカイラインGT-R(R34型)」を始め、各社のスポーツカーが姿を消しました。

 高性能車にとっては受難の時代となっていましたが、「日産にはスポーツカーが必要」と考えていたカルロス・ゴーン元会長が就任した2000年に、次期型「フェアレディZ」の開発が再開されたといいます。

 先代「フェアレディZ」は、3リッターV型6気筒DOHCツインターボエンジン「VG30DETT型」を搭載し、国産車で初めて最高出力280PSを達成していましたが、5代目は自然吸気ながらも280PSを発揮する3.5リッターV型6気筒DOHCエンジンの「VQ35DE型」を搭載。

 ターボチャージャーの補助を得ないことで、アクセル操作に敏感なエンジンの反応を生み出し、普段はジェントルに走りながらもアクセルペダルを踏みこんだ瞬間からは大排気量車ならではの走りを楽しめる、大人のための上質なスペシャリティースポーツクーペに仕上がっていました。

 トランスミッションは当初から6速MTと5速ATが採用され、スポーツ走行派とイージードライブ派の両方に対応。

 組み合わされたシャシは、開発期間の短縮とコスト低減を図るために11代目「スカイライン(V35型)」のプラットフォームを流用し、スポーツカーにふさわしい様々な補強が施されました。

 足回りも強化された4輪マルチリンク式サスペンションを採用。的確に路面を追従するものとなっており、「ターボエンジンじゃないとZじゃない」などと否定的だったドライバーたちも、ハンドリングの良さで一目置く存在となりました。

 また、外観は初代「フェアレディZ(S30型)」をオマージュするかのようなイメージとなり、歴代「フェアレディZ」にあった「2by2」は廃止され、全車2シーターのみに統一しています。

■ラインナップの拡充と改良が続けられ、国内外で大ヒットを記録

 2003年10月には、ラインナップの拡充が図られました。先代「フェアレディZ」にはオープンカーの「コンバーチブル」がありましたが、運転席後方にロールバーが残るタイプで、完全なフルオープンではありませんでした。  そこで5代目「フェアレディZ」ではボディ剛性を高めロールバーを廃し、フルオープンを可能にした「フェアレディZ ロードスター」を発売。屋根は流行のメタルトップではなく、伝統的なソフトトップ(幌)を採用し、電動により約20秒間で開閉できました。

 とくに北米市場では、スポーツカーにオープンカーをラインナップするのが当然だったので、そのリクエストもあり「フェアレディZ ロードスター」は発売されました。

 発売時に280PSだったVQ35DE型エンジンの最高出力も、2004年1月に発売された期間限定車「S-tune GT」では300PS、2005年9月のマイナーチェンジ時には全車294PSまで引き上げられます。

 2007年1月にはスカイラインセダンに搭載された「VQ35HR型」エンジンに変更され、最終的には出力は313PSまで向上しています。

 さらに、2007年のマイナーチェンジではエンジンの変更にともない、ボンネットに初代「フェアレディZ」と同様な形状の膨らみが付くデザイン変更も行なわれています。

 2007年には最高出力350PSを発揮する3.8リッターに改造されたVQ35HR型エンジン搭載の「フェアレディZ Version NISMO Type 380RS」を300台限定で発売。

 このモデルは、スーパー耐久参戦用モデル「フェアレディZ Version NISMO Type 380RS-Competition」(400PS)を公道走行仕様に変更したもので、前後のバンパーや、フロントスポイラー、リアスポイラーを「Version NISMO」と同様な仕様となっていました。

※ ※ ※

 5代目「フェアレディZ」は「SUPER GT」や「スーパー耐久」などの国内レースでも活躍し、「Zは速くあるべき」と考える古くからの「フェアレディZ」ファンを納得する結果を残しています。

 2008年に次世代のZ34型にスイッチするまでに、Z33型はZ32型の2倍以上に相当する約25万台を生産する大ヒットとなるなど、日産のV字回復を象徴するかのように、記憶にも記録にも残る1台となりました。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

TOKYO AUTOSALON 2019

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します