現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > CES2019でToyota Research Institute,Incが新型自動運転車を公開

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.4

CES2019でToyota Research Institute,Incが新型自動運転車を公開

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Toyota research Institute, Inc.(以下TRI)は、1月8~11日にラスベガスで開催されるCES(コンシュマー・エレクトロニクス・ショー)において、新型の自動運転実験車「TRI-P4」を公開する。

 このモデルは現行レクサスLSをベースに、TRIのふたつの自動運転システム、ガーディアン(高度安全運転支援システム)とショーファー(自動運転システム)の双方を搭載している。TRIで自動運転技術を担当するシニアバイスプレジデントのライアン・ユースティスは「私たちのショーファーの開発は完全な自動化、すなわちすべての、もしくは限られた運転環境においてドライバー不在での自動運転に重点を置いています。一方でガーディアンは人間の能力を置き換えるのではなく、増大させるものです」と述べている。

    北米でもっとも売れるスバル車は、2018年もアウトバック!でも、スバルの北米での販売台数アップを支えたのは、あの3列シートSUVだ。



 P4実験車は、レクサスLSの搭載された新しいシャシーとステアリングの制御技術を活用することで、よりアジャイルでレスポンスが良くスムーズな自動運転を実現したという。



 P4実験車にはふたつのカメラを追加し、両サイドの認識性能を高めているほか、自動運転車用に設計されたふたつの画像センサーを前方と後方に追加。レーダーシステムは車両周辺の近距離の視野を向上させるべく最適化された。また、8つのスキャニングヘッドを持つLIDARシステムは前モデル「Platform 3.0」で使用しているものを踏襲するが、新型レクサスLSのデザインに合わせた形状に変更された。




 トランク内にあるコンピューターボックスは、自動運転システムの中核となるユニット。ボックスは後席背後の枠に平行に取り付けられ、中身にアクセスする場合はリッドを開き操作する。この構造によって、トランクスペースは本来の荷物用に使うことが可能だ。



 P4実験車は、TMNA R&Dの試作車開発センターにおいて今春から製作が開始される予定。CES開幕直前の1月7日午後1時(米国太平洋時間)にトヨタのCESプレスカンファレンスでワールドプレミアされる。このプレスカンファレンスでは、TRIのCEOであるギル・プラットが、直近のガーディアンの技術的な進捗についてプレゼンテーションを行なう予定となっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します