現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ・アクアのエンジン、元祖THS用アトキンソンサイクルユニット──NZシリーズ

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.4

トヨタ・アクアのエンジン、元祖THS用アトキンソンサイクルユニット──NZシリーズ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 1NZ-FXEシリンダー配列 直列4気筒排気量 1496cc内径×行程 75.0mm×84.7mm圧縮比 13.4最高出力 54kW/4800rpm最大トルク 111Nm/3600-4400rpm給気方式 NAカム配置 DOHCブロック材 アルミ合金吸気弁/排気弁数 2/2バルブ駆動方式 直接駆動燃料噴射方式 PFIVVT/VVL In/×

 トヨタの誇るTHSの心臓部として1997年にデビュー。母体のプリウスは1.8ℓ・2ZR-FXEへエンジンを変更したが、普及型ハイブリッドカー・アクア用のエンジンとして存続、同時に70%もの部品を変更して大規模なリニューアルを受けた。
 設計年次が10年以上新しいNR型をベースにする手もあったはずだが、HEVの主な使用環境である市街地チョイ乗りなどに後方排気のNZ系のほうが触媒暖機時間が短く適したため継続使用。バルブ駆動はローラーロッカー式ではないが、これはエンジン高の制限とコスト要因による。
 部品単位では電動ウォーターポンプとクールドEGRの採用が重要点だ。ウォーターポンプの電動化で補機ベルトが完全になくなり、低張力ピストンリングやピストンコートの材質見直しなどと併せて、フリクションは20%弱低減した。小型HEV用のエンジンとして世界へ販路を広げている。非アトキンソン化した“通常版”とも言うべき派生バージョンの存在も興味深い。

    センチュリーが積むトヨタのV型8気筒──URシリーズ

■ 1NZ-FE
シリンダー配列 直列4気筒
排気量 1496cc
内径×行程 75.0mm×84.7mm
圧縮比 11.0
最高出力 80kW/6000rpm
最大トルク 138Nm/4400rpm
給気方式 NA
カム配置 DOHC
ブロック材 アルミ合金
吸気弁/排気弁数 2/2
バルブ駆動方式 ロッカーアーム
燃料噴射方式 PFI
VVT/VVL In/×

 ハイブリッドの1NZ-FXEがベース。高圧縮アトキンソンサイクルから通常版へ改変されたという経緯は、今のところおそらく本機が唯一であろう。2012年には高圧縮比化とさらなるバルブタイミングの遅角化、EGRクーラーの変更など、1NZ-FXEに迫る高効率化を図った。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mov*****|2019/01/04 23:17

    違反報告

    このライター、1NZ-FXEの諸元と同FEエンジンの
    諸元をなんでこんな風に書いたのかな?

    変な余白や改行で読みにくい
    PFIって何?EFIでしょ

    本当にここのライターは校正をしないよな

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します