現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ブガッティ EB110【スーパーカー第二黄金期】 バブルな時代のスーパーカーたち(その11)

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.4

ブガッティ EB110【スーパーカー第二黄金期】 バブルな時代のスーパーカーたち(その11)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第一次のスーパーカーブームが落ち着いてから約10年。1980年代末に日本はバブル景気に突入する。そんな時代に新たなスーパーカーが数多く登場し「スーパーカー第二黄金期」が到来する。年末年始スペシャルとして、日本が最も輝いていた華やかなりし時代の寵児たちを振り返ってみたい。第11回は、かつての名門が復活した「BUGATTI EB110:ブガッティ EB110」だ。(ホリデーオート2018年11月号より)

フランスの名門、ブガッティがイタリアで復活!
「BUGATTI EB110:ブガッティ EB110」

    【やんちゃなトヨタ】セラ トヨタのやり過ぎた傑作車たち その1

かつての名門フレンチ・スポーツカー、ブガッティが1991年に「ブガッティ・アウトモビリSpA」としてイタリアで復活。創設者エットーレ・ブガッティの生誕110周年を記念して、EB110を発表した。お察しのとおりEBはエットーレ・ブガッティのイニシャル、110は生誕110周年を意味する。

30年以上のブランクを経て名門を復活させたEB110は、何もかもがスーパーなモデルだった。ミッドシップ搭載される3.5LのV12DOHCは吸気2/排気3の5バルブで、4個のIHI製小型ターボを組み合わせ、パワースペックは、GTと呼ばれるノーマルが560ps/63.0kgm、軽量化されたSS(スーパースポーツの略)では611ps/66.3kgmを発生した。

6速ミッションはエンジン前方に縦置きされ、センターデフを介して前後アクスルにパワーを振りわけるフルタイム4WDを採用していた。シャシはカーボン製で、ボディデザインの基本はガンディーニが担当した。

GTの動力性能は、最高速が350km/h以上、0-100km/h加速が3.5秒、0-1000m加速が20.7秒と発表されていた。

だがブガッティ・アウトモビリSpAは1995年に倒産。EB110は同社が発売した唯一のモデルとなった。

ブガッティ EB110 主要諸元(1992年)
●全長×全幅×全高:4400×1940×1125mm
●ホイールベース:2550mm
●重量:1620kg
●エンジン種類:V12 5バルブDOHCクワッドターボ
●排気量:3500cc
●最高出力:560ps/8000rpm
●最大トルク:63.0kgm/3750rpm
●トランスミッション:6速MT
●駆動方式:縦置きミッドシップ4WD
●タイヤサイズ:前245/40R18・後325/30R18

[ アルバム : ブガッティEB110 はオリジナルサイトでご覧ください ]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン ホリデーオート編集部)

TOKYO AUTOSALON 2019

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sar*****|2019/01/04 22:59

    違反報告

    以前はターボ車を毛嫌いしてたが、カーグラフィックTVの現地取材で、比較的狭い田舎道でEB110を軽快且つ楽しそうに乗りこなしている様子を見てターボ車に乗ってみたくなった。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します