現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フォルクスワーゲン、自動車用の移動可能な急速充電の実証実験を2019年に開始

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.7

フォルクスワーゲン、自動車用の移動可能な急速充電の実証実験を2019年に開始

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォルクスワーゲンは2日、自動車の移動型急速充電の実証実験を2019年前半より開始すると発表した。

フォルクスワーゲンがこのたび発表した移動型急速充電ステーションは、移動可能な設計とすることで、必要な時に必要な場所に充電ステーションの設置を可能とした汎用性の高いシステム。民間パーキングや会社の敷地内への設置、および大規模なイベント等で利用を想定している。

    現行ゴルフのディーゼル仕様が30万円高で日本上陸。発売迫る次期ゴルフの存在はどう考える?

充電キャパシティは360kWhを誇り、最大15台分の電気自動車への充電が可能。現行「e-ゴルフ」の場合、約17分でバッテリーの80%までの充電を可能という。充電ステーションのバッテリー残量が20%が切ると蓄電された別のバッテリーに切り替えが可能となっている。

また、充電ステーションを電源に接続すれば、電気残量が少なくなった時に自動充電することも可能だ。

フォルクスワーゲンはこの移動型急速充電ステーションの実証実験を2019年前半に開始し、都市部を中心に充電インフラの普及に役立てていく考え。2020年以降は郊外にも展開していく予定としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(carview! 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します