現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 最新モデルでいにしえのBMWの姿を再現 カスタムバイクの世界を牽引する“RSD”とは?

ここから本文です
業界ニュース 2019.1.1

最新モデルでいにしえのBMWの姿を再現 カスタムバイクの世界を牽引する“RSD”とは?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■旧き時代のBMW、そのムードを再現したRSDによる1934 BMW R7 "9T Concept R7"

 カスタムの魅力のひとつには最新のモデルをクラシカルな雰囲気にイメージ・チェンジする、あるいは旧車に最新のパーツを組み込み、アップデートするなどといった手法がありますが、ここで紹介させていただくBMW Motorrad(以下:BMW)のカスタム車両は、その中でも前者的なアプローチで製作されたものです。

    BMWで一番ちいさなバイク 普通二輪免許で乗れる「G 310 R」の存在感

 2017年式の“R nineT Pure”(アール・ナインティ・ピュア)という現行モデルを素材にしたこの一台は、アメリカでパーツブランドの展開やカスタムバイク製作を手掛ける“Roland Sands Design”(ローランド・サンズ・デザイン:以下RSD)の手により、1930年代のBMWのイメージに仕上げられています。

 モチーフとなったのは1934年にBMWがプロトタイプとして製作した“R7”というモデルで、この車両は1929年に起こった世界恐慌や、後の世界大戦、同メーカーの経営的な事情などにより市場に出されることなく、日の目を見ることはありませんでした。

■現在のカスタム・シーンを牽引するRoland Sands Designという存在

 そのモデルをイメージソースに、カスタムバイクを製作した“RSD”は、アメリカはもとより、世界のカスタム市場でも広く認知されている存在です。

 この“RSD”とはRoland Sands Designの略称で、当初はその代表であるRoland Sands(ローランド・サンズ)の父・Perry Sands(ペリー・サンズ)が1970年に設立したPerformance Machine(パフォーマンス・マシン:以下PM)というパーツメーカーの中の“カスタム部門”として2005年に立ち上げられました。

 Roland Sandsは、1998年に米国の競技団体であるAMA(アメリカン・モーターサイクリスト・アソシエイション)の250ccクラスのレースで年間チャンピオンを獲得した経緯を持ちますが、そうしたスポーツバイクを知る経歴を基に、アメリカで主流のカスタムである“チョッパー”、そしてクラシカルな旧車のテイストなどを巧くミックスしたスタイルのカスタムバイクを数多く手掛けています。

 その才覚はカスタムの世界のみならずメーカーからも認められ、2013年にはBMWのコンセプトモデルとして“Concept90”というマシンを製作。それがここで紹介する車両の素材となった“R nineT”の市販化にもつながっています。

 また、同様に2015年にRSDとBMWが発表した“Concept101”は現在のBMW “K1600B”の基デザインとなったといえる存在です。

■現在のカスタム・シーンを牽引するRoland Sands Designという存在

 このように、近年のBMWはカスタムの世界を市販車のプロモーションに活用していますが、ここに紹介するRSDの1934 BMW R7 “9T Concept R7″も、その流れから生まれた一台といえるでしょう。

 そのベースとなったのは冒頭でもお伝えしたように2017年式BMWのRnineT Pure。とはいっても使用したのはエンジンおよびミッション、リアホイールに動力を伝えるシャフトドライブと電装パーツのみといっても過言ではありません。

 車体の骨格はRSDが製作したクロモリ鋼のリジッド・フレームで、リア・サスペンション(緩衝装置)を持たない車体構成によってクラシカルな雰囲気を演出。そのフレームにはシートメタル(鉄板)から造られたサイドパネルが取り付けることで、1920から1930年のBMWにあったプレスフレームのようなスタイルを再現しています。  この車両はあくまでもスタイルのイメージをクラシカルにしたのみであり、ブレーキキャリパーやホイールには現代的な性能を誇るRSD製のパーツを採用。2009年式ハーレー・ダビッドソン用を流用したフロントのサスペンションにはクラシカルなカバーを取り付けることで、現代的な走行性能とクラシカルなルックスの両立が図られています。

 タンク上にはギアを変えるシフトノブが取り付けられていますが、これは旧いハーレーと同様の操作方式で、ご覧のRSDの車両では左足のカカトでペダルを踏みこむことでクラッチが切れる構造となっています。このようにご覧の一台には新旧の要素がさまざまな形で取り込まれているといえるでしょう。

 過去から現在、そして未来へ……そんな時間軸をひとつに結ぶ力をカスタムバイクに感じることがありますが、このRSDによるBMWカスタムはそんな典型と呼べるかもしれません。

 こうして、いにしえの時代の浪漫溢れるものを現在の世に再び甦らせることもカスタムバイクの魅力だと思います。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース 渡辺まこと)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • yos*****|2019/01/01 17:28

    違反報告

    BMWはバイクの歴史も長いよね
    メルセデスで言うところの重機やトラックと一緒で
    知らない人も多いだろうなぁ
  • kug*****|2019/01/01 22:02

    違反報告

    私世代(70代)のバイク(そのころはオートバイ)好きにとってのBMWは空冷水平対応2気筒シャフトドライブ、日本のモータースポーツの草分けとなった浅間火山レースで、この癖の強いバイクを伝説の天才ライダー伊東史郎が見事に乗りこなしたというのがBMWのイメージです。この頃のGPレースでのサイドカーレースでは圧倒的に強かったのも覚えています。
    並列4気筒の普通のバイクを作っているのを知ったのは最近のことでした。
  • qhc*****|2019/01/01 17:12

    違反報告

    こういうカスタムは旧車が買えない貧乏人がする行為。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します