現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > NEXCO東日本関東支社で事故増加---三角表示板の携行を

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.31

NEXCO東日本関東支社で事故増加---三角表示板の携行を

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NEXCO東日本によると同社関東支社管内における死亡事故は、11月30日時点の累計で27県となっており、前年同日比+6件と増加している。

事故が発生する時間帯は深夜22時から朝7時にかけて半数が発生している。日中よりも交通量が少ないにもかかわらず事故件数が多い。また最近の事故の傾向として、発見の遅れに伴う渋滞後尾や路肩に停車した車両への追突事故が多いという。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

これら2つの傾向をふまえた対策としてNEXCO東日本では、ヘッドライトのハイ/ロービームのこまめな切り替えや、早めの休憩、充分な車間距離を呼びかけている。

万が一、故障や事故により高速道路上で駐停車する場合は、後続車への合図、安全な場所への非難、非難してからの通報をすること。後続車への合図は(1)ハザードランプの点灯、(2)発炎筒着火、(3)停止表示器の設置があげられる。また停止した車の乗員は車内にとどまらず、ガードレールの外側に非難すること。

停止表示器(三角表示板)について、携行は義務付けられていないが、高速道路で駐停車する場合には、道路交通法第75条の11で設置が義務付けられている。高速道路を常用するドライバーは携行しよう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 高木啓)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zoo*****|2018/12/31 23:17

    違反報告

    三角の非常停止板が高速道路の必須所持品だって知らない人が多い。
    大した金額ではないんだから、発炎筒みたいに標準装備品にしてしまえばいいのにと思う。
  • blo*****|2018/12/31 23:41

    違反報告

    車両搭載が義務付けされ 車検でも確認される発煙筒には使用する義務がなく。

    車両に搭載する義務も 車検でも確認されることも説明すらされない三角板には使用する義務と共に反則金(1点 6.000円)まで設けられてるという摩訶不思議な日本の法律。
  • oji*****|2019/01/01 01:27

    違反報告

    私は、高速道路の仕事してますがここに止まってる、ここで作業してます、アピールしながら自分安全を確保しながらしてます。
    高速道路は、一般道路と違いスピードが出てるからとても危険です。
    高速道路でアクシデントに会われた方は、
    すぐに路側、ガードレールの外に避難をしてください❗

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します