現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 見た目はレトロ、でも中身は最新…プジョー ジャンゴ125 エバージョン ABS[詳細画像]

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.31

見た目はレトロ、でも中身は最新…プジョー ジャンゴ125 エバージョン ABS[詳細画像]

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

丸いヘッドライトと豊かで流れるようなボディラインが美しい『ジャンゴ』は、1950年代に登場したプジョーのスクーター、「S55」や「S57」をモチーフに、現代に復刻させたネオレトロスクーター。2018年3月にADIVAが輸入総代理店となり、国内販売を開始した。

ジャンゴのラインナップは現在6種類。排気量はすべて125ccだが、ABSの有無やカラーリングの違いがあり、見た目の印象は異なる。今回は、赤白のツートンボディが目を惹く『ジャンゴ125 エバージョン ABS』を詳細画像とともに紹介する。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

ちなみに、ジャンゴの名前の由来は、かの有名なフランス国籍のギタリスト「ジャンゴ・ラインハルト」からとったもの。火傷によるハンディキャップを克服した彼の芸術魂と、60年以上もの時を経て新たに登場したジャンゴにはどこか共通点すら感じる。

そのレトロなデザインに目を奪われがちなジャンゴ125 エバージョン ABSだが、名前にもあるようにABS搭載モデルだ。また、フロントボディカウルの内側ポケットにはUSBの差込口も設置されている。見た目とはうらはらに安全性や機能性は最新のシステムを採用しているのだ。

シート高は最大770mm、シート下の収納スペースもジェットタイプのヘルメットが余裕で入る。メーター類は見やすいデジタルディスプレイで、スピードメーター、燃料計、油圧警告灯、メンテナンスインジケーター、気温が表示される。

価格は37万0440円(税込み)。フロントスクリーンやフロントキャリアなどのオプションも用意されるので、通勤やツーリングなど自分仕様にジャンゴを仕上げることもできる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 松崎祐子)

TOKYO AUTOSALON 2019

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します