現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【動画】REVSPEEDドラテク講座「ブレーキは初期にガツンと踏みません」~堤 優威 流「姿勢優先スムーズGコントロール術」~

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.30

【動画】REVSPEEDドラテク講座「ブレーキは初期にガツンと踏みません」~堤 優威 流「姿勢優先スムーズGコントロール術」~

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レブスピード2月号にて紹介している堤 優威 流 ドラテク。「ブレーキは初期に最大踏力でフル制動」「空走はできる限り少なく」がこれまでの常識だったが……、堤選手はその「真逆の操作」で結果を残している。操作は極めて丁寧かつゆっくりで、ペダルの踏み変え時間はけっこうある。そんな取材メモ動画をここで紹介しよう。

 堤選手は「ブレーキをゆっくり踏むのがタイムを出す秘訣」という。リアをリフトさせずに、リアにも荷重を残して前のめりにしない。そのためのブレーキの踏み方はレブスピード2月号に詳しく掲載されているのでそちらを見てもらうこととして……。ここではWebならではの特典として、堤選手の特徴的なペダルの踏み変え、ステアリングの入力の仕方を紹介していいこう。「姿勢変化を抑えた速い走り方」のヒントがつまっている。

    【動画】REVSPEEDドラテク講座「アンダーステアの解消には、リア荷重を抜かないこと!」





これらのゆっくりとした「姿勢重視の操作」は、フルブレーキング後に回り込むようなコースレイアウトの筑波サーキットよりも、富士やもてぎ鈴鹿、菅生など高速サーキットでとくに効果が高い。
いままで、瞬時のペダル踏み変えや素早いステアリング操作など、「頑張って走ること」を心掛けてきたアマチュアは、ぜひとも試してもらいたい走り方だ。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan レブスピード編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します