現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 楕円ピストンの衝撃! ホンダ「NR」は成功だったのか?

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.30

楕円ピストンの衝撃! ホンダ「NR」は成功だったのか?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■カーボンにチタン、マグネシウムなど高級素材を惜しみなく使用した「NR」とは?

 ホンダの「NR」は、市販車として世界初の楕円ピストン・エンジンを搭載し、カーボンファイバーやチタン、マグネシウムなど軽量素材と、ホンダの最先端技術を結集した次世代ロードスポーツバイクとして1992年に市場に投入されました。

    ホンダ「CB1000R」は、コーナーが待ちきれない! 操作する楽しさがこの1台に凝縮

 NRは、1978年の世界選手権ロードレースに楕円ピストン技術を採用したレースマシンNR500で挑戦を開始し、レースで蓄積した技術をもとに開発され、従来の大型バイクとは異なった独創的な考えを持つスポーツバイクとして誕生しました。

 搭載されたエンジンは、楕円ピストン採用の水冷・4サイクル・V型4気筒で1気筒あたり吸気と排気バルブを各4本、計8バルブを配し、さらにチタンコンロッドと点火プラグを各2本装備しています。

 楕円ピストン・エンジンの特徴は、従来の丸型ピストンに比べショートストローク化と摺動抵抗の低減による高回転化、多バルブ化(8本)による吸・排気効率の飛躍的な向上が可能となり、結果、低速域から高速域までワイドでフラットなトルク特性を発揮、幅広い回転域で力強く俊敏な応答性を実現できる画期的な技術です。

 フレームは、アルミ・ツインチューブを採用し、最適なフレーム剛性を持たせると同時に軽量化も両立させ、しなやかな操縦性と優れた直進性を高次元でバランスさせています。

 外観は、異形デュアルヘッドライトとカウル両サイドにプロジェクターライトを内蔵したフェアリングと燃料タンクからシート/リア部まで一体化された大型ボディカウルに、軽量・ 高剛性のカーボン素材を採用し、ボディカラーは赤色・ 高彩度塗装やチタンハードコートのウインドスクリーンを採用していました。また、NR専用部品は、車体に使用するボルト1本にまで至り採用されています。

「NR」発売以降、楕円ピストンを使用した車両の発売・発表はホンダからアナウンスされていません。将来また脚光をあびる日は来るのでしょうか。「NR」の価格は、1992年発売当時520万円でした。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2018/12/30 19:44

    違反報告

    ホンダ「NR」は成功だったのか?

    記事タイトルの回答としては、開発経験は財産になって、レース結果としては惨敗だった。当時のバイク最高峰レースMotoGP(モトGP )は500cc4気筒までのレギュレーションのレースだから全メーカー2ストエンジンで参戦していた。当時、バイクレースの最高峰だったのでホンダが参戦していないのは屈辱だったのだろう。ただし、ホンダに2ストエンジンは無い。そこで4ストエンジンで参戦したのがNRだった。
    ホンダの作戦は4ストで高出力を出すには多気筒高回転しか手はない。ただしレギュレーションで4気筒までの制限がある。これじゃ高回転が出来ずに負ける。その解決策として8気筒エンジンとして作り、高回転を可能にするストロークにした上で2気筒を楕円ピストンとして連結して4気筒にするという設計をした。
    走る実験室にはなったが4ストは2ストに勝てないという結果を残す事にもなった。
  • nei*****|2018/12/30 23:15

    違反報告

    8気筒じゃなくて4気筒だから結局、高回転まで回せなかったのだろうな。

    それと楕円というよりは実質的に長円形だったな。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します