現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いま世界各国のメーカーが「ワイド&ロー」をデザインテーマにする理由とは

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.30

いま世界各国のメーカーが「ワイド&ロー」をデザインテーマにする理由とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本能的にカッコよく見えるデザイン

 新型モデルの登場時など「ワイド&ロー」という言葉を使って、その魅力をアピールしているケースは多い。たとえば、2018年10月にマイナーチェンジを発表したホンダNSXのニュースリリースにも『フロントまわりや各カーボンパーツの仕上げの変更により、NSXの特徴であるワイド&ローなたたずまいに磨きをかける』といった一文を見かけることができる。

    【今さら聞けない】輸入車はどうして小型車でもボディの幅が広いのか?

 輸入車でも同様、2018年10月に発表されたメルセデスの新型Aクラスのニュースリリースにおいても『ワイド&ローのプロポーションとアグレッシブで若々しいボディにメルセデス・ベンツの先進技術を注ぎ込むことで快適性が大きく向上したスポーツコンパクトモデルです』と記されている。『ワイド&ロー』というのは内外メーカーに共通で、クルマのスタイリングにおける訴求ポイントとなるのだ。

 なぜなら、全高が低くて、ボディが幅広いことは本能的にカッコよく見えるのだという。

 とはいえ、日本では背の高いミニバンが人気であるし、世界的にはロードクリアランスを稼いだクロスオーバーSUVがトレンドのど真ん中だ。ワイド&ローが普遍的に魅力のあるプロポーションであるとすれば、ミニバンやSUVが売れているのは納得できないと思うかもしれない。だがしかし、クロスオーバーSUVのムーブメントが来ているのはワイド&ローをしっかりと押さえているからでもある。

 ワイド&ローで室内空間を確保するためにはボディ拡大も必須

 さきほど「全高が低くて、ボディが幅広い」ことはカッコいいクルマのプロポーションにつながると記したが、じつはもう一つのポイントがある。それは「タイヤが大きい(フェンダーとの隙間が小さい)」ことだ。自動車のデザイナーが描くコンセプトスケッチでは、『低く、広く、大きい』という三要素を満たしていることが多いのは、それらが万国共通でスタイリングの魅力として感じられるからだ。

 クロスオーバーSUVは“大きなタイヤ”という条件を満たしやすく、またフェンダーモールなどでワイド感も演出しやすい。さらにルーフを下げればSUVであってもワイド&ローを感じさせるシルエットが可能だ。2017年1月に日本でもフルモデルチェンジしたVWティグアンが『より長く、より幅広く、より低い』ニューエモーショナルデザインをアピールしていたのは、まさにSUVにもワイド&ローの考え方を採用している証だ。

 ただし、全高を低くして、キャビンを小さく見せつつパッケージとしてちゃんとしたスペースを確保するためには絶対的なサイズを確保する必要が出てくる。ワイド&ローとパッケージを両立するためには、ボディサイズの拡大がセットになってくるといえる。昨今、フルモデルチェンジのたびにボディサイズが拡大すると指摘されるわけだが、そこにはワイド&ローという普遍的な価値を求めた故、という面もありそうだ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 山本晋也)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nor*****|2018/12/30 08:27

    違反報告

    駄文だよ。書き直し。
  • kor*****|2018/12/30 08:39

    違反報告

    最近の自動車の大型化の言い訳をしているのでしょうか?私には納得できる説明とは思えませんでした。
  • atv*****|2018/12/30 14:02

    違反報告

    だから日本の古い古い車幅規制はガラパゴスになってしまうのだ。
    過重な税制とともに、さっさと改正するべき。
    でないと、日本の自動車市場はますます衰退し、消費者にとっても不利益となる。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します