現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱ケミカル:四日市事業所におけるリチウムイオン電池向け電解液プラントの能力増強について

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.29

三菱ケミカル:四日市事業所におけるリチウムイオン電池向け電解液プラントの能力増強について

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱ケミカルは、四日市事業所において、リチウムイオン二次電池向け電解液の生産能力を、現在の11,000トン/年から16,000トン/年に増強することを決定した。(リチウム一次電池向け、電解コンデンサー向け電解液の生産能力を除いた数値)

 国内外において、電気自動車(EV)、プラグインハイブリッド自動車(PHEV)、ハイブリッド自動車(HEV)の市場は急速に拡大している。日本国内ではすでに乗用車の総販売台数の約25%が電動化されており、今後も着実に電動化が進むと見込まれている。

    日立、日立AS:車載用リチウムイオン電池事業の再編について

 三菱ケミカルのリチウムイオン電池向け電解液は、低温環境下でも高い出力性を保ち、添加剤の技術によって電極での副反応を抑えることにより、耐久性に優れ安全性も高いことから、日、米、欧を中心とする市場の車載用電池向けに多く採用されている。
 この度、旺盛な需要に対応するため、製造ラインのデボトルネッキングや製品出荷・輸送の効率化製品検査工程におけるデジタル化投資等により、5,000トンの能力増強を実施する。またこれらの投資により、安全・品質管理レベルのさらなる向上を図る。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します