現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 川崎重工:機関車製造累計5000両を達成

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.29

川崎重工:機関車製造累計5000両を達成

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎重工は、機関車製造累計5000両を達成し、20日、兵庫工場で記念式典を行った。記念すべき機関車5000両目は、日本貨物鉄道株式会社(以下、JR貨物)向けEF210形式電気機関車。EF210形式は東海道線や山陽線などで活躍しているJR貨物の主力機関車で、三菱電機と共同で製造し、これまで100両以上を納入している。

 兵庫工場は1906年(明治39年)に開設され、110年以上の歴史を有し、これまでに90000両以上の鉄道車両を製造してきた。機関車の製造は1911年(明治44年)に鉄道院に納入した6700形式蒸気機関車に始まり、我が国初の電気式ディーゼル機関車であるDD10形式や、パナマ運河庁向け曳船用交流電気機関車、北海道内の貨物輸送を中心として活躍しているJR貨物向けDF200形式電気式ディーゼル機関車など、国内外の数多くの顧客に納入している。

    三菱ケミカル:四日市事業所におけるリチウムイオン電池向け電解液プラントの能力増強について

 現在、日本では環境問題やトラックドライバー不足などの社会的課題により、モーダルシフトが加速し、鉄道輸送への期待がますます大きくなっている。今後も同社は、高い技術力と信頼性をもとに、環境負荷が少ない輸送手段である鉄道車両を国内外に提供していく。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します