現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 三菱ケミカル、電動車需要に対応---リチウム電池電解液の生産を5割増強へ

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.27

三菱ケミカル、電動車需要に対応---リチウム電池電解液の生産を5割増強へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱ケミカルは12月26日、四日市事業所のリチウムイオン二次電池電解液の生産能力を、現在の年間1万1000トンから1万6000トンへ、およそ5割増強すると発表した。

今回の生産能力増強の決定は、国内外においてEVやプラグインハイブリッド車(PHV)、ハイブリッド車の市場が急速に拡大していることを受けたもの。日本国内では、すでに乗用車の総販売台数の約25%が電動化されており、今後も着実に電動化が進むことが見込まれている。

    減っているのに増えている! 「東京モーターサイクルショー」過去最多の来場者数

三菱ケミカルのリチウムイオン電池向け電解液は、低温環境下でも高い出力性を備えている。また、添加剤の技術によって電極での副反応を抑えることにより、耐久性や安全性を高めており、日本や米国、欧州を中心とする市場の電動車の車載向け電池として、採用されている。

三菱ケミカルは四日市事業所に投資を行い、製造ラインのデボトルネッキングや製品出荷・輸送の効率化、製品検査工程におけるデジタル化などを行う。これにより、リチウムイオン二次電池電解液の生産能力を、年間5000トン増強する。また、これらの投資により、安全・品質管理レベルのさらなる向上を図る、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します