現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アウトドアユーザー必見!車中泊に便利なポップアップルーフ車5選

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.27

アウトドアユーザー必見!車中泊に便利なポップアップルーフ車5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ルーフ部分が持ち上がりテント形状の空間を作り出すことができる「ポップアップルーフ」。テント部分を折り畳めば、立体駐車場なども駐車可能で、いざという時に車内空間を大幅に増やすことができる、キャンプや車中泊を楽しむユーザーに人気のカスタムとなっています。しかしなかには最初からポップアップルーフを装備して販売されている車種もあります。そんな現行車から生産終了車種までのポップアップルーフ装備車をご紹介します。文・西川昇吾

マツダ ボンゴフレンディ オートフリートップ

    愛車の屋根にテントは後付けできる?

1995年から2005年まで販売されていたマツダの3列シートミニバン「ボンゴフレンディ」。そのボンゴフレンディにラインナップされていたのが「オートフリートップ」というモデル。
このモデルはポップアップルーフ部分が自動で持ち上がり、大人2人が横になってくつろげるセミダブルベッド程の空間が生まれます。
2階部分へのアクセスへ使用する「アクセスホール」を塞いでも、小物の受け渡しを行うことができる小窓である「コミュニケーションホール」がついていたり、上半分のみを開けることが出来るテントを装備していたりと、使い勝手が抜群に良いのも魅力です。

オデッセイ フィールドデッキ

1994年から1999年まで販売されていた初代ホンダ オデッセイ。FRP製ポップアップルーフを装備した「フィールドデッキ」は1996年にラインナップされました。
こちらは手動での開閉となりますが、特出すべきは2階部分の使い勝手。大人2人が就寝可能な2階部分への昇降口を前と後ろの2か所に設けており、どちらか1人が就寝していても昇降が可能となっています。
また3列シート車としては全高が低いオデッセイをベースにしているため、フィールドデッキ車であっても1,830mmという低い全高も魅力でしょう。

ステップワゴン フィールドデッキ

ホンダからはもう一台。1996年から2001年まで販売されていた初代ホンダステップワゴンに1998年からラインナップされた「フィールドデッキ」。
ポップアップルーフに関する基本的な面はオデッセイと変わりないですが、ユーザーにとって嬉しいのはそのボディサイズでしょう。コンパクトなステップワゴンがベースであるため「フィールドデッキ」モデルであっても5ナンバー枠に収まっているのです(ボンゴフレンディ オートフリートップは全高の関係から3ナンバー車)。


メルセデス・ベンツ V220d Marco Polo HORIZON(マルコ・ポーロ ホライゾン)

2018年2月に国内発表された最新現行モデル。メルセデス・ベンツの3列シートモデルであるVクラスをベースに製造されています。
2階は大人2人が就寝可能なのはもちろんのこと、1階も2・3列目のシートをフルフラットにすれば3人就寝可能で、合計で5人就寝可能となっています。また1階に装備された読書灯や2階部分に装備されたカーテンなど、車中泊ユーザーにとってはありがたい装備が標準でついているのも嬉しいポイントです。
安全にこだわりのあるメルセデス・ベンツですから、最新の先進安全技術が装備されているのも魅力ではないでしょうか?

フォルクスワーゲン カリフォルニア

こちらは並行輸入モデルとなってしまいますが、フォルクスワーゲンが自社で開発・製造しているモデルです。ベースはフォルクスワーゲンT6という商用車なのですが、このモデルの特徴は何と言ってもキャンピングカーとしての装備が充実していることでしょう。
フルフラットになるシートやカーテンの役割果たすスクリーンが装備されているのは勿論のこと、冷蔵庫にシンクやコンロなどといった装備がメーカー純正で装備されています。イギリス向けの仕様を並行輸入すれば右ハンドルモデルが選べるのも日本ユーザーには嬉しいポイントでしょう。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します