現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ギネスが認定する早業!わずか9日間で製作されたF1マシン

ここから本文です

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2018/12/26 21:21

    違反報告

    「F1の下位カテゴリー「F2」のマシンをベースに、直4エンジンからV8エンジンに換装してF1仕様にしていたのである」

    と聞くと疑問を感じる方もおられると思うが、F2ベースでF1、或いはその反対でF1→F2という車両は意外と存在した。例えば第二期ホンダF-1期やけど、最初にホンダが組んだチームはスピリット。これはF2のシャーシを改造した車両やった。片山右京がフランス時代に乗ったデュケンF3もF2のモノコックを使用している。
    70年代の国産シャーシにも例が有って、コジマエンジニアリングではF1シャーシをベースにF2を製作しかなりの好成績を得ている。
    他クラスのシャーシを流用·改造した車両で好成績も出せた時代、コンストラクターも有る意味楽しみを感じながらレースにチャレンジしていたのかも知れない。
  • nta*****|2018/12/26 20:06

    違反報告

    どの画像がどれたかサッパリ分からん!
  • mog*****|2018/12/26 20:11

    違反報告

    今とは違い、エンジン&ミッションが簡単に手に入る時代だったからなぁ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します