現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ブリヂストン: ボーイング「737 MAX 9」向け航空機用ラジアルタイヤの認証を取得

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.25

ブリヂストン: ボーイング「737 MAX 9」向け航空機用ラジアルタイヤの認証を取得

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブリヂストンは、ボーイング社の新型旅客機「737 MAX 9」に装着される航空機用ラジアルタイヤ(主脚用)の認証をボーイング社から取得した。当該タイヤは、全世界で発売される。なお、ブリヂストンは「737 MAX 8」向けタイヤも生産・販売している。

 航空機用タイヤは航空機の高荷重のもと高速度で離着陸を繰り返すという過酷な状況で使用されるため、高い耐久性が求められる。また飛行中における燃費向上のためには、タイヤの軽量化も求められる。
「737 MAX 9」向けタイヤは、技術的に難しいとされている耐久性と軽量化を両立させたラジアル構造「RRR(トリプルアール:Revolutionarily Reinforced Radial)※1」を採用するとともに、ブリヂストンの基幹技術「ナノプロ・テック※2」を適用した新トレッドコンパウンドを搭載することで耐摩耗性の向上を図っている。

    スバル:陸上自衛隊新多用途ヘリコプター試作機の飛行試験を開始



 航空機用タイヤは、過酷な条件下で使用されるため、タイヤメーカーの総合的かつ高度な技術力が求められる。新品タイヤだけでなく、リトレッドタイヤ※3も使用されており、航空機を構成する多くの部品の内、最も交換頻度が高い部品のひとつ。
 ブリヂストングループの航空機用タイヤソリューション事業は、新品タイヤ・リトレッドタイヤといった商品やサービスを組み合わせることにより、顧客の課題解決や目標達成に貢献することを目指している。今後も、同社の強みを活かし、航空機メーカーや航空会社と共に、「安全安心な航空運航を支える」新たな価値の創造を目指す。

※1 「RRR」には以下の特徴とメリットがある。
・低燃費・経済性の向上:高弾性・高強力繊維を用いたベルト構造を採用することで、タイヤの軽量化と耐摩耗性の向上を実現し、 低燃費と環境負荷低減、タイヤ交換までの着陸回数増加による経済性の向上に貢献。
・高い安全性:耐久性能に優れたベルト構造の採用により、従来構造に比べより一層高い安全性を確保している。
※2 「NanoPro-Tech(ナノプロ・テック)」は、分子構造設計等を通じて材料の微細構造を制御し、必要特性を 引き出す技術の総称で、ブリヂストンの基幹技術の一つ。
※3 リトレッドタイヤとは、使用済みのタイヤのトレッド部分を取り除き、新たなゴムを加硫・圧着して再使用できるようにしたタイヤのこと。新品タイヤに比べて、環境面で下記の優位性がある。
・天然ゴムなど原材料の使用量が減少し、省資源となる
・タイヤ生産におけるCO2排出量削減が可能となる
・タイヤの寿命が延びるため、廃タイヤの削減にも寄与する

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

TOKYO AUTOSALON 2019

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します