現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 200ccのスポーツ車が格安36万円が日本上陸! タイのバイクメーカーGPXが販売スタート

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.25

200ccのスポーツ車が格安36万円が日本上陸! タイのバイクメーカーGPXが販売スタート

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タイの二輪メーカー『GPX』が、2019年より日本での販売をスタートさせることを日本総代理店GPX JAPANが発表した。REPORT●伊藤英里(ITO Eri)

GPX・レジェンド150S……25万9200円

    新車なのにこの価格!お買い得なモデルはドレだ? 第2弾【Z900/SR400/YZF-R3】

GPX・デーモン150GR……34万3440円

GPX・ジェントルマン200……36万1800円

 GPXは現在、タイで売り上げを伸ばす二輪メーカー。12月10日に閉幕したタイの国際的なモーターショー、『MotorExpo2018』でも会期中の販売数第6位となっている。ちなみに1位はホンダ、2位ヤマハ、3位ランブレッタ、4位カワサキ、5位がベスパ。日本やヨーロッパの二輪メーカーに続く新進気鋭のメーカーだと言えそうだ。

 2018年10月には日本における総代理店GPX JAPANが設立され、2019年から輸入・販売がスタート。GPXのバイクの魅力は、イタリアのデザイナーによるデザインもさることながら、品質と価格バランスが整っていることだという。

 その価格帯は約26万円から約36万円と手が届きやすい。そのような価格帯のなかでも工場は某日本メーカーOB監修であるなど、品質にも自信を見せている。

 日本で販売されるのはレトロモデルの『Legend150S(レジェンド150S)』、ネイキッドモデルの『Gentleman200(ジェントルマン200)』、フルカウルのスポーツバイク『DEMON150GR(デーモン150GR)』の3車種だ。

 排気量はレジェンド150Sとデーモン150GRが149cc、ジェントルマン200が197cc。車両重量はレジェンド150Sとデーモン150GRが130kg、ジェントルマン200が160kgと軽量だ。いずれも空冷4ストロークエンジンを搭載。気筒数やバルブ数などは公開されていない。

 カラーリングはレジェンド150Sがマットブラック、マットグリーン、マットグレーでジェントルマン200がブラック、グレー。デーモン150GRがイエロー、レッド、ブラック、レッド/ホワイト、グレー/ホワイト。価格はいずれも税込みで、レジェンド150Sが25万9200円、ジェントルマン200が36万1800円、デーモン150GRが34万3440円となっている。

 エントリーモデルとして、セカンドバイクとして、2019年に日本の二輪市場で注目を集めるメーカーのひとつとなりそうだ。


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • sa2*****|2018/12/26 06:46

    違反報告

    日本人が、国産買えない時代になってしまうとは。
  • met*****|2018/12/26 12:44

    違反報告

    めちゃくちゃカッコいいけど、いずれも清々しいほどどこかで見たことあるデザイン(笑)
    写真で見る限りはとても20~30万円代の質感やデザインには見えないし、排気量も考えるとジョークも兼ねてセカンドバイクとかに丁度いいかも。記事によると全て空冷らしいし、意外と乗り味もよくてハマるかもしれない。
  • goo*****|2018/12/26 17:59

    違反報告

    この価格出すなら国産買うし、200ccってなかなか受け入れられて無いよね。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します