現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【自動車博物館へ行こう】幻のグランプリカー、ニッサンR383に日産ヘリテージコレクションで会えるぞ

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.25

【自動車博物館へ行こう】幻のグランプリカー、ニッサンR383に日産ヘリテージコレクションで会えるぞ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時代に翻弄され、一度も実戦に出場することなく、姿を消した「ニッサンR383」。日産ヘリテージコレクションでその実物を見ることができるのは奇跡のようだ。(Motor Magazine 2017年3月号より)

ニッサン383の詳細はいまだに公開されていない部分も
日産ヘリテージコレクションには「幻のグランプリカー」と言われる、「ニッサンR383」も展示されている。

    大坂なおみスペシャルの日産GT-R特別仕様車の予約受付を開始!

1969年の歴史に残るニッサン対トヨタの対決となった日本GPを制したニッサンは、すぐさま新しいレーシングプロトライプカーの開発に着手。互いにライバルに負けることは許されず、技術開発もヒートアップ。ニッサンは6LのV12エンジンをさらにパワーアップ、トヨタはこれに対抗して5Lターボエンジンを開発と、レース前から大きな話題を呼んでいた。

ところが、日本GP開幕直前となって、ニッサンは排出ガス問題対策などを理由に突然参加中止を表明。日本GPそのものも中止となってしまう。

行き場所のなくなった「ニッサンR383」は、Cam-Amへの参戦が噂されたものの、結局、一度もレースに出場することもなく開発を終えている。

お蔵入りとなったニッサンR383だが、7年の時を経て、1977年の東京モーターショーで一般公開されている。日産ヘリテージコレクションに展示されているのはその車両で、2006年に開催されたニスモフェスティバルではサーキット走行も行われ、ファンを熱狂させた。

ニッサン R383(1970年開発) 
●全長×全幅×全高=4115×2030×1088mm
●ホイールベース2400mm
●エンジン= V型12気筒DOHC(GRX-3型)
●排気量=5954cc
●最高出力=700ps以上
●最大トルク=66.0kgm以上
●車両重量=740kg

日産ヘリテージコレクション
日産自動車の80年あまりの歴史を見ることができるスペース。新型車の開発、試作、設計製作を行う日産の生産技術の拠点である座間事業所内に併設され、1930年代の生産車から歴代のレースカーまで、日産のオンロード、オフロード両面の歴史を物語る車両など約400台の記念車を所蔵し、うち常時約300台を展示している。日産自動車の座間事業所内に併設されているということもあって、公式サイトから応募フォームにより事前申し込みが必要だが、入場料はなんと無料。アクセスはあまり良くないが、行ってみる価値ありだ。

●住所:神奈川県座間市広野台2-10-1 
●入館料:無料(応募フォームにより事前申し込みが必要)●開館日:申し込みカレンダーにて確認 
●駐車場:あり
●問い合わせ先:☎046-298-4355(受付時間:月~金10:00~16:00※ただし12:30~13:30は除く)http://nissan-heritage-collection.com/
●電車でのアクセス:小田急江ノ島線南林間駅から神奈川中央交通バス「日産」「相武台前駅」「小田急相模原駅」行、「ひばりヶ丘1丁目(または小松原)」下車、徒歩7分。または相鉄本線さがみ野駅から相鉄バス「南林間駅」行「ひばりが丘1丁目(または口機入口)下車、徒歩7分
●クルマでのアクセス:東名高速道路「横浜町田インター」から国道16号線を八王子方面へ。国道246号線を左折、東原4丁目交差点を右折、2つめの信号を左折、1つめの信号(正門前専用信号)前が座間事業所2地区正門、約30分
●展示車両は入れ替えあり

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Motor Magazine編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2018/12/25 20:56

    違反報告

    「日本GPそのものも中止となってしまう」
       ↑
    当時火花を散らしていたトヨタは役員会議でカンナム参戦を正式に承認する予定やった、、が当日鈴鹿サーキットで河合選手のアクシデントが有りカンナム参戦は急遽中止となる。トヨタ7ターボも富士でのデモランで走っただけで、以後はトヨタが保管していた。
    R383は北野元を乗せてカンナム参戦の予定やったが参戦計画は凍結、トヨタ以上に公開される機会が無かった。文中にある様に77年のTMSで突然の公開、当時のCG誌でも疑問を投げかけていたが、今思うと70年代後半からの日産モータースポーツ活動再開の為の一つのメッセージやったと思う。
    尚、後年黒澤元治が語った所によるとこのR383は382のシャーシに383のカウルを被せた暫定的な車両で有り、本当の意味で言うR383では無いらしい。開発中の写真等を公開しても興味深いと思う。
    何れにしても悲運の車両で有る事は事実。
  • xsv*****|2018/12/25 22:32

    違反報告

    トヨタ7も残っているのだし、デモランでいいから同走させて欲しいですね!
  • nav*****|2018/12/25 21:45

    違反報告

    小学生の頃、スロットカーでR382のボディ買ったのが最初だったなぁ。車幅が狭くて他の車種より不利でボディ、車種覚えてないけど買い換えた。あの頃の日産は好きだったのに。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します