現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ世界的ブームが続くのか? 人気の「SUV」には意外な共通点が存在

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.25

なぜ世界的ブームが続くのか? 人気の「SUV」には意外な共通点が存在

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■世界的人気のSUVには意外な共通点が存在

 近年、世界的に人気の「SUV」ですが、新たに登場するモデルには、共通点が存在しました。日本でも2019年春に登場予定のトヨタ新型「RAV4」も同様にその法則に乗っかていました。

    ミニバンは嫌、でも7人乗り欲しい… 200万円台から選べる話題の「3列シートSUV車」5選

 その共通するデザイン部分とは『Cピラーの形状デザイン』です。Cピラーとは、後席ドアとテールゲートの間にある柱の部分を指します。

 現在の国内SUVブームは、約10年ほど前から始まったといわれ、そのきっかけ的存在としてマツダ「CX-5(初代)」が挙げられます。実際にそれ以前から販売されていたSUVとその後のSUVでは、『Cピラーの形状デザイン』が大きく変化しているのです。

 この共通点は、コンパクトSUVのホンダ「ヴェゼル」やトヨタ「C-HR」。ミドルUSVの三菱「エクリプス クロス」やスバル「フォレスター」などさまざまな車種でも採用されています。

 では、どのような変化があったのかというと、初代「CX-5」が登場する以前は、『Cピラーの形状デザイン』は後席快適性や荷室空間を考慮した、比較的に垂直な形状でした。

 しかし、最近のSUVモデルを見ると『くの字型』となっていることがほとんどです。そのため、荷室空間部分の窓部分も以前に比べて、後方に鋭角な形状となっています。

 最近のクルマでは、“スタイリッシュ”という言葉がキーワードとなっていることが多く、それ故によりシャープなデザインをしたモデルが増えているのです。一方で、フロントフェイスに関しては、流れるようなシャープなデザインもあれば塊感があるものも存在しています。

■三菱の新型「エクリプス クロス」は特徴的なCピラーデザイン

 なぜ、『Cピラーの形状デザイン』は世界的なSUVの共通点となっているのでしょうか。現在、販売されているSUVモデルのなかで、最もスタイリッシュな『くの字』を演出している三菱「エクリプス クロス」のデザインについて、三菱は次のように説明します。

「SUVのデザインについては、各メーカーでいろいろな方向性があると思います。エクリプス クロスに関していえば、前から後ろへと流れるルーフのラインとサイドのキャラクターライン(ドア部の造形線)を繋げると必然とCピラー部がくの字型の形状となります。

 なぜこの形状になるのかというと、“クーペスタイル”を意識してデザインしたことが、『Cピラーの形状デザイン』を特徴的なものにした要因です。過去にクロカンや本格四駆が流行した時代と違い、いまは舗装された道や都市部でも違和感ない、“スタイリッシュさ”を要望するユーザーが多いためです。

 そのため、過去イメージとの差別化を図るため、ゴツゴツとした大きなSUVではなく、シャープでスマートなデザインが世界的なSUVのトレンドとなっているのだと思います」(三菱自動車)

※ ※ ※

 海外メーカーでは、2008年に登場したBMW「X6」がパイオニア的モデルといわれています。また、『2018‐2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー』を受賞したボルボ「XC40」は、他車に比べるとCピラーの形状は垂直ですが、ルーフの配色やデザインを下げることで、低重心な“クーペスタイル”らしさを演出しています。

 これまでSUVをラインナップしていなかった、ランボルギーニやアストン・マーティンでも今ではSUVモデルを投入。他メーカー同様に“クーペスタイル”を意識したデザインです。ことわざに『十年一昔』とあるように、世の中は移り変わりが激しく、10年経つと昔のことになってしまいますが、クルマ業界のスタイリッシュなSUVブームはまだまだ続くといえます。 【了】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • pre*****|2018/12/25 12:43

    違反報告

    SUVとか、もう飽きたな
    そこら辺のおじさん達も乗りはじめたし
  • nan*****|2018/12/25 10:51

    違反報告

    「最近のクルマでは、“スタイリッシュ”という言葉がキーワードとなっていることが多く」
        ↑
    と言うよりスタイリッシュ感の変化やろ、昔はスポーツカー、今はSUV。
    SUVなら多人数を乗せる事が出来るし、見た目めもデカくそこそこ存在感(ハッキリ言えば威圧感)有り。
    所謂スポーツカーのネガティブ要素が無いから、SUVはそら売れるやろ。
  • zoo*****|2018/12/25 12:59

    違反報告

    まだまだコンパクトSUVは世界的に売れ続けるだろうね。
    でもこれだけ多くなると、各社の特色やライバルとの違いを明確に打ち出さないと淘汰されるモデルも出てくるだろう。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します