現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日本未導入のまま消えるボクサーディーゼル──スバルEE20

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.24

日本未導入のまま消えるボクサーディーゼル──スバルEE20

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ EE20シリンダー配列 水平対向4気筒排気量 1998cc内径×行程 86.0mm×86.0mm圧縮比 16.3最高出力 110kW/3600rpm最大トルク 350Nm/1600-2400rpm給気方式 ターボチャージャーカム配置 DOHCブロック材 アルミ合金吸気弁/排気弁 2/2バルブ駆動方式 ロッカーアーム燃料噴射方式 DIVVT/VVL ×/×

 スバルのアイデンティティである水平対向レイアウトを、ディーゼルにも適用した世界初の乗用車用ボクサー4ディーゼルとして2008年デビュー。ボアピッチは6気筒ガソリンのEZ36と共通で他にも多くの部分の寸法をEZと共用している。
 ショートストローク一辺倒だったスバルで、ボア×ストロークが初めてスクエアとなったのが大きな技術的トピック。ガソリンエンジンのFBシリーズではさらにロングストロークとなっているのでこれが限界ではないはずだが、高圧直噴のディーゼルではボアが小さいと噴射した燃料がシリンダー壁に付着してオイルを希釈し潤滑に問題を発生するから、寸法的には妥当なところなのだろう。最新のFA20DITではオープンタイプとなるシリンダーがEJシリーズと同様のセミクローズなのはディーゼルならでは。燃焼圧力が高く音振的に厳しいディーゼルだが、完全バランスの水平対向形式はバランサーの装備を不要にしている。
 2015年には下に挙げるアップデートを施し、ユーロ6への対応を実現させている。しかしながら、2020年をめどにディーゼルエンジンは生産中止となる。

    2気筒はフィアットだけではない──スズキE08A

 EE20の燃料インジェクターは従来からの専用品で、短い全長でも高い性能を発揮するデンソー製。2015年のリファインで噴射圧を180MPaから200MPaに引き上げた。複雑な配管は水平対向ならではの難しさである。

 排気ポート直後から排ガスを取り入れて吸気に混ぜるEGRの配管も見直された。水平対向はここがトランスミッションとの狭い隙間となっていて、レイアウトが難しい。

 こちらは新たに追加されたロープレッシャーEGRで、エンジンから遠い場所で温度の下がった排ガスを取り込む。EGRクーラーも加えて燃焼温度の低下とレスポンスの向上を図っている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します