現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 意欲的なディーゼルエンジンながらホンダは撤退──N16B

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.24

意欲的なディーゼルエンジンながらホンダは撤退──N16B

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ N16Bシリンダー配列 直列4気筒排気量 1597cc内径×行程 76.0mm×88.0mm圧縮比 16.0最高出力 88kW/4000rpm最大トルク 300Nm/2000rpm給気方式 ターボチャージャーカム配置 DOHCブロック材 アルミ合金吸気弁/排気弁数 2/2バルブ駆動方式 ロッカーアーム燃料噴射方式 DIVVT/VVL In-Ex/×

 N22Bで採用したNOx触媒でTierIIBin5をクリアしたホンダの次の一手が1.6ℓのダウンサイジングディーゼルエンジン。ヨーロッパ向けEarth Dreams Technology第一弾として2012年にシビックに搭載されてデビューした。振動と剛性に厳しいディーゼルでは常道のクローズドデッキではなくオープンデッキとしたシリンダーや、従来型から重量を2/3に軽減したクランク等で2.2ℓ比47kgという驚異的な軽量化を実現、同クラスのガソリンエンジンを圧倒する。燃費も実走行燃費に近いと言われる欧州複合モード燃費で27.8km/ℓを公称。CO2排出量も含めて国産ディーゼルエンジンのトップスペックとなっている。
 日本国内や北米ではガソリンエンジンベースのハイブリッドに軸足を置くホンダだが、高性能DEの有無が競争力を決定する欧州市場に向けてなりふり構わず精力を投入した英国生産エンジンである。しかし、どうやらホンダは近い将来、ディーゼルから撤退するようだ。

    2気筒はフィアットだけではない──スズキE08A

 カムチェーンを片側のスプロケットに掛け、アイドラーギヤで反対側のカムを回すという機構は、ピストンに燃焼室がありバルブ挟み角がほとんどないディーゼルエンジンならではの特徴だ。アイドラーギヤh燃料ポンプの駆動も兼ねている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します