現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 長年乗るひとは必見! 早めに確保しておかないと手に入らなくなる補修部品5選

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.24

長年乗るひとは必見! 早めに確保しておかないと手に入らなくなる補修部品5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 交換したいときにはすでに製造廃止の場合も……

 当然のことだが、クルマのパーツは永遠に供給されるものではない。家電のように供給保証期間が決まっているわけではないが、だいたい10年を過ぎるとポロポロと欠品が出てくる。さらに20年ぐらいになるとけっこうなパーツが生産中止になることも珍しくない。ただ、たくさん売れたクルマは長く供給されるし、不人気車であればすぐになくなることも。パーツ販売自体も商売なので、どれだけ売れるかで供給期間が決まるのは当然のことだ。

    「常時ONはダメ」「定期的な稼働が大切」など古いクルマのクーラーは使い方に要注意

 1)ボディパネル(内装部品も含む)

 まず真っ先になくなることが多いのが、内装の内張りも含めたボディパネルだ。サイズが大きくて保管が大変ということもあるだろうし、それほど数が出ないというのもあって自動車メーカーとしても供給する負担は大きい。また、板金で叩いて修理ができる(最近は叩ける職人も少ないが)のも、早くなくなる理由のひとつだろう。

 2)ゴム類

 そしてボディパネルとともに早くなくなりやすい筆頭格が、ウェザーストリップなどのゴム類だ。モデルによってすべて違うので、互換性がないのがなくなりやすい理由だが、逆に修理したいときにないと大変な部品でもある。昔のゴム枠タイプなら汎用品が使えたが、現在のクルマでは無理。ドアの水切り部分などは汎用品や流用がとくに難しいので、かなり困る部分だ。

 3)各種スイッチ類

 そのほかではスイッチ類などの機能部品もなくなりやすい。こちらも数がそれほど出ないからというのが理由だが、長い間使っていると割れたり、壊れたりする部分ではある。

 4)コンピュータ

 そして最近、ネオヒストリックを中心に困ったという声を聞くのが、コンピュータだ。もちろん専用品なのだが、自動車メーカーは壊れることを想定していないからか、供給がなくなるのは早め。ハンダ割れなどであれば直せるが、専用部品やシステムエラーなどであればお手上げとなる。

 5)サイドブレーキワイヤー

 そのほか、サイドブレーキのワイヤーも早くなくなりがちだが、人気車種ならサードパーティー製が発売される可能性もなくはない。ただこれとても不確定なので、長く乗りたいなら消耗品を中心にストックしておくのがいいだろう。パーツ価格はどんどんと高くなる傾向にあるので、財布への負担という点でもストックするメリットはある。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 近藤暁史)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • gra*****|2018/12/24 09:02

    違反報告

    最強の対策は、新車を3台ほど購入して1台だけ登録、2台は部品取りとして保管しておけば憂いなし。

    でも現実には不可能ですから、早い時期から解体屋巡りして事故車等から目ぼしいものをはぎ取って確保しています(古くなるとヤードに見かけなくなります)。
    マフラー、ホイール、メーター、ランプ類、シート、その他小物も手持ちしていますが、実際にはなかなか使うことがなく、ゴミ化しています。

    30年前の車を維持していますが、これまで新品交換したのは足回り、ブレーキ回り、O2センサー程度。天井の内張はテント屋さんで張替え、中古品交換したのはECUぐらいなものです。

    便利な時代ですからじっくり探せばネットで結構入手できますし何とかなるものです。
  • tom*****|2018/12/24 09:03

    違反報告

    ゴム類コンピューター類は買っていても無駄になることが多いですよ。
    ゴムは劣化するし、コンピューターもコンデンサの液漏れからたとえ新品未開封だとしても使用不能になっていることがあります。
    それらを理解したうえでストックしたいならば、新車販売終了してから欠品まではいかないくらいの期間が経った時に押さえて、数年後にまた押さえて古いのを売却…がいいのでしょうがあまり現実的ではありませんね。
    うまく社外品を使うのも手です。例えばシートは交換できますし、ダッシュボードや内張りなどもアルカンターラで張り替える業者もいます。
  • yut*****|2018/12/24 11:04

    違反報告

    まじ国産は大変だと思う。
    アメ車は50年前の車でも需要ある部品は新品パーツをかえますからね。
    まぁレストアなんかを普通にガレージでやる文化があるかないかの違いなんだと思う。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します