現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「寒冷地仕様」のクルマはなにが違う? 普通に“あったらうれしい”オプション装備も

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.24

「寒冷地仕様」のクルマはなにが違う? 普通に“あったらうれしい”オプション装備も

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■降雪地帯や寒さの厳しい地域などに適した装備が与えられた“寒冷地仕様”とは?

 寒冷地とは、簡単にいうと冬の寒さが厳しい地方のことで、日本国内では北海道、東北地方や甲信越、広い意味では日本海側に面する一部地域などのことを示すことが一般的です。

    雪予報で慌てては遅い!冬タイヤ「スタッドレス」履き替え時期の目安

 こうした地域では、気温が低いことや降雪、凍結が多いことで、クルマやドライバーに大きな負担がかかります。降雪が少なく、気温も氷点下をあまり下回らない地域とは想定が異なるため、一部自動車メーカーではそうした環境に適したオプションを備えた「寒冷地仕様」を用意しています。

 寒冷地でも快適に乗車できるように設定されたこの仕様では、気温が下がると性能が落ちるバッテリーや、重い雪が積もった場合でも問題ないようワイパー・モーターが強化されたもので、その他フロントガラスやサイドミラーに熱線やヒーターを備えるなど、通常のモデルに比べさまざまな追加装備が与えられています。

■寒冷地でなくても、同様のオプション装着は可能

 寒冷地仕様の中には、一度溶けた雪がドアのヒンジの部分で再凍結し、開かなくなってしまうことを防ぐ装備や、氷などから足回りや底面を守るカバーなど、寒冷地でのみ必要になる装備が多く設定されています。

 しかし、こういったオプションの中には寒冷地以外でも“あったらうれしい”装備が存在しており、一例を挙げれば、エンジンが温まるまで本来の性能を発揮しないヒーターの代わりに暖房機能を補う電気式の補助ヒーターや、ハンドル/シート/後席の足元に備えられたヒーターなどは、寒冷地でなくとも寒がりの方ならば“あったらうれしい”機能の一つでしょう。

 もちろん、オプションになりますので価格が上乗せになりますが、それだけの価値がある装備ではないでしょうか。

■寒冷地仕様を設けていないメーカーも存在

 近年ではこの寒冷地仕様にも、考え方が変わってきているようです。ほとんどのメーカーが寒冷地仕様を用意する中で、ホンダでは現在、寒冷地仕様を設けていませんが、その理由について広報に伺ってみました。

──なぜ寒冷地仕様が存在しないのでしょうか。

 寒冷地仕様の地域にお住まいの方以外でも、転勤などの事情によりそういった地域に引っ越しをする可能性があります。

 クルマは移動する物ですので、暖かい地域から寒い地域に行ったときに、車を買い換えるというのは現実的ではありません。メーカーとしても、できれば日本国内どこに行っても使えるクルマというほうが望ましいので、どこの地域で売られているクルマでも、寒冷地仕様同等の能力は確保しているようにしています。

※ ※ ※

 ホンダでは、1995年にフルモデルチェンジをしたシビックまでは寒冷地仕様が設定されていましたが、それ以降の車種に関しては同仕様を廃止しています。

 いつ、どこへ移動するかわからないクルマですから、どこでも快適なドライブができる装備はついているに越したことはありません。もし、寒冷地向きの装備が気になった場合、新車の場合ならディーラーに相談、中古車なら装備をよく確認してから購入してみてはいかがでしょうか。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します