現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 群雄割拠を制したのは王者初のSUV──GQカー・オブ・ザ・イヤー2018【プレミアムSUV部門】

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.22

群雄割拠を制したのは王者初のSUV──GQカー・オブ・ザ・イヤー2018【プレミアムSUV部門】

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全知全能の神、ゼウス

かつて、レンジローバーは”砂漠のロールス・ロイス”と呼ばれたけれど、本物が登場! 無双のパワー感、外界と遮断されたような静かさ、世の雑事が対岸の火事に思えるゆったりとした乗り心地などなど、乗り込んだ瞬間に別世界へ連れて行ってくれる点は他のロールス・ロイスと共通。加えて背の高い四駆ゆえ、どこにでも行ける全能感まで味わえる点を選考委員たちは評価。

    “6”から“8”への進化は想像以上だった!──8ATで魅力が増したプジョー3008試乗記




The best SUV──塩見智(自動車ライター)
まずもってロールス・ロイスがSUVを作ったということは、同社がSUVをクルマとして認めたに等しい。そしてカリナンが素晴らしいのは、SUVの姿とあるべき機能をすべて備えた上でロールス・ロイスとして成立させたこと。つまりThe best CAR in the worldを標榜するブランドが手がけたThe best SUV in the worldというわけだ。




全身全霊が込もる──大谷達也(自動車評論家)
「この期に及んでロールスがSUV?」と揶揄されるのは覚悟の上。それゆえ、彼らは全身全霊を込めてカリナンを完成させた。内外装のクオリティが高いのは当然のこと、圧巻はその走りのよさ。ジャリ道の急勾配を上るのが朝メシ前なだけでなく、フラットダートではドリフトさえ楽しめる。クルマとしての完成度の高さこそ、ロールスの証だ。




世界最高乗用車──西川淳(自動車ライター)
ロールス初の四駆にしてSUV。とはいえ乗ってみれば何もかもが当然ながらロールスで、とくに静粛性の高さと走りのスムーズさはファントムに次ぐ世界第2位の実力だ。その上ボタンひとつでどんな悪路もこなす。オーバーオール性能で世界最高峰にあると言っていい。実用ロールス、今後の定番になるだろう。





走破性は王者──オガワフミオ(ジャーナリスト)

2018年は個性ゆたかなスーパーSUV元年だった。米国で乗ったカリナンもアイスランドで乗ったウルスもよかったが、フランスのオフロードで体験したG 63の性能は圧倒的だった。オンロードでもフラットな乗り心地でスポーツカーのように速い。鉄板銘柄はまことに上手にフルモデルチェンジした。


その存在だけで◎──小沢コージ(自動車ジャーナリスト)
残念ながら乗れてません。だけど最初に北京のショーで見た時から衝撃的! どっからどうみてもランボにしか見えない鋭利な尖ったナイフの塊のような外観に、650psの4リッターV8ツインターボ! 0-100km加速3.6秒ってフツーありえんでしょ? 正直、乗ってもス気持ちよくないかもしれないが、その存在だけで◎。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN )

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します