現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 元レーシングドライバーが本音で選ぶ「本当に走りのいい」ホットハッチ5選

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.21

元レーシングドライバーが本音で選ぶ「本当に走りのいい」ホットハッチ5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本物のスポーティな走りをもったハッチバックはこれ!

  手頃なサイズと実用性、そしてスポーティな走りを兼ね備えたハッチバック車を、ホットハッチと呼ぶ。だがそう分類されるクルマも玉石混淆、正直普通の実用車に毛の生えた程度のクルマも多い。そこで今回は元日本のトップレーシングドライバーであるモータージャーナリストの中谷明彦さんに、本当に走りのいいホットハッチを5台セレクトしてもらった。

    「クルマの走りが楽しい」が理解できない人が乗るべき一般道でも楽しさが伝わる中古軽量スポーツ7選

 1)スズキ・スイフトスポーツ

 正直言って僕はスイフトシンパではなかった。初代そして先代のスイフトにはマニュアルトランスミッションのスポーティグレードの設定があって、コンパクトスポーツでは稀少な3ペダルだとして随分人気があったと思う。だが実際に乗ってみると走りに関して何も感心するところがない。サスペンションもエンジンも、いわゆる普通のクルマであり、それ以上でも以下でもない印象だった。だから昨年登場した現行モデルの試乗会に向かった時も大きな期待感は抱いていなかった。

 しかし、新型となった現行スイフトスポーツを走らせてみると、あらゆる面で大幅に進化していて驚かされる。厳しい目で見ても納得のできる動力性能、ハンドリング、質感に仕上がっていたのだ。

 早速その要因をエンジニアから聞き出した。すると、進化とか改善とか言うレベルでは語れないほどの変更を各所に受けていて、それはもうワークスチューンと言っていいほどに中味が濃いものだった。

 たとえばエンジン。先代はM16A型1.6リッター直4の自然吸気(NA)仕様で最高出力は100kW/6900rpm、最大トルク160N・m/4400rpmというスペック。スポーツ性を謳うのは明らかにトルク不足だったろう。

 それが新型ではK14C型1.4リッター直4直噴ターボとなり最高出力こそ103kW/5500rpmと微増だが、最大トルクは230N・m/2500~3500rpmとし大幅に高めることに成功。しかもトルクバンドを拡大して扱いやすい特性としていたのだ。これでパワー不足感は解消され気持ちいい加速が可能となり「スポーツ」を名乗るに相応しい動力性能を与えられたといえた。NA派からは異論も出たそうだが、乗ってから意見を言えといいたい。

 トランスミッションは6速のマニュアルでクロスレシオ化され、1~2速にはトリプルコーン、3速にはダブルコーンのシンクロを採用。シフトレバーストロークを減少させつつ節度のある操作感と剛性感、耐久性をも高めていた。その効果は変速操作を行う度に感じられ、これならマニュアルスポーツを語れると納得できた。

 サスペンションはモンロー社製のショックアブソーバーを前後に採用。フロントストラットのケース外径を増し、ダンバー容量も拡大していて優れたダンピング特性を実現。40ミリも拡大した前後トレッドに195/45R17のコンチネンタル・スポーツコンタクトという高級ブランドタイヤを立派に履きこなしている。

 さらにさらにスイフトスポーツ専用の5穴ハブと16インチの大型ディスクブレーキをフロントに配置。リヤブレーキもディスクブレーキを採用している。

 リヤサスペンションには専用のトーションビームが採用されていたが、これは重要なポイントで剛性が高くスタビライザー特性も備える完璧な乗り味を実現していた。

 これほどのアイテムを組み込まれていながら車重は先代より70kgも軽く1040kgという軽量で仕上げられているのだ。その走りは欧州車レベルにあると確信できた。

 2)日産ノート e-POWER ニスモ

 月別登録台数で1~2位常連のトヨタ・プリウス/アクアのハイブリッド勢を凌ぐ飛躍をみせた日産ノート。なかでもシリーズ方式ハイブリッドのe-POWERが注目されているが、そのニスモバージョンが素晴らしい。とくにニスモSの走りと完成度の高さには脱帽した。

 現行2代目となるノート自体は2012年の登場で、けして最新のモデルではないが、e-POWERを与えられたことで勇躍エコカーの代表格としての地位を獲得している。ニスモはそんなエコカーすら、スポーツ性を語れる優れた商品に仕立て上げることに成功しているわけだ。

 その手法はニスモマジックともいえるレースカンパニーだからこそ成せる技で、とくにボディーチューニングが高度に施されている。フロアやサスペンションピックアップなどシャシーを徹底的に強化し、高い質感と正確なハンドリングを可能としている。

 また専用にECUでパワーアップされるEVモーターの大トルクを余裕で受け止め、路面へ正確に伝えている。スロットルペダルだけで加速も減速、停止まで可能なワンペダル方式もモード選択可能とし、違和感のない操作性を実現して新しいドライビングスタイルをも提唱している。文句無く素晴らしい仕上がりだった。

 ただ一つ、モーター回転数上限の問題で最高速度は富士スピードウェイなどの高速サーキット走行では十分ではない。

 400万円オーバーのヴィッツも!

 3)日産ジューク・ニスモ

 コンパクト・クロスオーバーとしてデビュー当初は大人気となったジューク。GT-Rのパワートレインを移植したモンスター・ジュークも登場したりしたが、今一番のお薦めはジューク・ニスモRSだ。

 ノート・ニスモ同様に、メーカー直系でなければできない「ツボ」をしっかり抑えたボディ補強。専用のエンジンおよびECUに、CVTながら8速のステップ比が刻まれたトランスミッションも与えられている。しかも4WD! それもニスモが専用にチューニングしたトルクベクトル付きで旋回性を確保しながらトラクションをかけられる優れた特性を持つ。

 走らせた感じはカチっとしたボディの剛性感が素晴らしく、タフなフィールと質感の高さを感じさせてくれる。専用設定のサスペンションに車速感応式電装パワーステアリングでロードホールディング、操舵感もスポーティでライントレース性の高さはスポーツカーそのものだ。

 225/45R18のスポーツタイヤをしっかりと履きこなしているのにも感心させられた。

 4)トヨタ・ヴィッツGRMN

 車名はヴィッツだが国内では設定のない2ドアのハッチバックボディをもつ。これは欧州向け仕様のヤリスをベースにしていることの現れだ。

 パワーユニットには1.8リッターのスーパーチャージャーが装着され、こちらはロータス社に供給してチューニングされたものが逆採用されている。その詳細なレポートは「【ムービー】一瞬で180km/h到達のヴィッツGRMNを中谷明彦がテスト」を参考にしてもらいたいが、LSDを装着し旋回性を高めたハンドリングは超ハイレベル。

 プライスタグは400万円と超高価格だが、それに見合った性能が与えられている。

 5)メルセデス-AMG A45

 メルセデス・ベンツのAセグメント・コンパクトカーであるAクラスをベースにメルセデス-AMGが作り上げたのがA45だ。

 2リッターの直噴直4ターボエンジンはデビュー当初から最高出力360馬力、最大トルク450N・mという高出力スペックで世界を驚かせたが、最新モデルでは381馬力、475N・mにまでパワーアップされており他の追従をまったく許さない。

 じつはこのA45は既にカタログラインアップから消え落ちているのだが、ベースのAクラスが2018年末にフルモデルチェンジを受けたのを受け、次期A45(呼称は不明だ)が再登場すると言われている。

 新型は2リッターターボで400馬力を超えるとも言われており、4輪駆動4マチックと相まってどんな走りを見せてくれるのか今から注目している。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 中谷明彦)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します