現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 九州三菱自動車販売の「電動DRIVE STATION二又瀬店」に大容量蓄電池を設置

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.20

九州三菱自動車販売の「電動DRIVE STATION二又瀬店」に大容量蓄電池を設置

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱自動車と九州三菱自動車販売はこのほど、「電動DRIVE STATION二又瀬店※1」(福岡市東区)に大容量の太陽光発電パネルと蓄電池を新たに設置し、12月20日より運用を開始した。

 この取り組みは、再生可能エネルギーのみで自給自足し、災害時においても電動車への安定した電力供給が可能な店舗を実現することを目的としており、最適な太陽光発電パネルと蓄電池の容量を検証するため、今後1年間かけて各種データの収集を実施する。

 本店舗の太陽光発電パネルの容量は、店舗の平均消費電力相当に当たる約30kWとし、蓄電池容量は一般家庭の約10日分の電力量に当たる100kWh。店舗で発電・蓄電した電気をEV・プラグインハイブリッドEV(PHEV)に給電できる上、V2H※2機器を使用することにより、EV・PHEVから取り出した電気と太陽光発電パネルでつくった電気を組み合わせて店舗に電力を供給することも可能。また、将来的には、EV・PHEVのリユースバッテリーの活用も想定しており、蓄電池ユニットには電気自動車『i-MiEV』のバッテリーセルを組み込むことが可能な仕様としている。

「電動DRIVE STATION」は通常の店舗機能に加え、EV・PHEVのエネルギーソースの多様性という意義や災害時における価値を、多くの人に感じてもらうためのプレゼンテーションツールやデモンストレーションコーナーを備えた次世代店舗。2016年10月に第1号店をオープンして以降、18年12月20日現在全国56店舗を展開しており、20年度までに全国200店舗に広げる予定だ。

 三菱自動車と九州三菱自動車販売は、「電動DRIVE STATION」の展開やEV・PHEVの普及を通じて、エネルギーの有効活用と、災害に強い地域づくりへの貢献を目指していく。

    パイオニアと東京海洋大学:3D-LiDARセンサーを活用した船舶の自動化に関する共同研究契約を締結

※1 電動DRIVE STATIONの詳細情報は以下のサイトを参照
URL:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/special/dendo/
二又瀬店URL:https://map.mitsubishi-motors.co.jp/search/showKyoten.do?tenpoCD=810281
※2 「V2H」…「Vehicle to Home」の略で、電動車に蓄えた電気を家に供給するしくみのこと

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan Motor Fan illustrated編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します