現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 短命には理由がある? フルモデルチェンジなく1代で消えたクルマ5選

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.20

短命には理由がある? フルモデルチェンジなく1代で消えたクルマ5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■フルモデルチェンジすることなく 1代かぎりで消えてしまったクルマたち

 国産車で歴史の長いクルマというと「クラウン」「カローラ」「ジムニー」などが思い浮かびます。「クラウン」は現行型で15代目、「カローラ」は「カローラ アクシオ」で11代目、現行「ジムニー」は4代目ですが48年のロングセラーです。

    世代を超えて愛される? 「ガンダムっぽい」クルマ5選 メカメカしい、まるでモビルスーツ!

 ほかにも歴史の長いクルマがありますが、その一方で初代が発売され、フルモデルチェンジすることなく販売を終えていったクルマもあります。

 そんな、1代かぎりで消えてしまった悲しい国産車を5車種ピックアップして紹介します。

●日産「ラシーン」

 日産「ラシーン」は1993年の「東京モーターショー」に出展され、翌1994年に発売されたコンパクトRVです。いまならクロスオーバー・タイプのSUVと言ったところでしょう。

「ラシーン」は、全車4WDで本格的なオフロード車の雰囲気がありつつも、低い車高というアンバランスさが逆に好意的に受け取られ、発売開始からヒットし、2000年の販売終了までに7万台以上ものセールスを記録しています。

 5ナンバー枠に収まる手頃な大きさと、ワゴンタイプのボディで、普段使いやレジャーなどでちょうどよい実用性もありました。

 エンジンは当初1.5リッター直4の「GA15DE型」を搭載していましたが、1997年マイナーチェンジで、1.8リッター「SR18DE型」に変更。また1998年にはスポーティグレードの「ラシーンフォルザ」が追加され、最高出力145PSの2リッターエンジン「SR20DE型」が搭載されました。

 そして、フルモデルチェンジすることなく6年間で、その歴史を閉じます。ちなみにネーミングは「羅針盤」に由来する造語で、CMキャラクターには「ドラえもん」が起用されました。

 なお、生産終了して18年経ったいまも人気があり、「ラシーン」の中古車専門店もあります。

●トヨタ「プログレ」

 5ナンバー枠ギリギリに収まる小さな高級車として、1998年に発売されたトヨタ「プログレ」は、BMW3シリーズやメルセデス・ベンツCクラスのライバルに位置づけられるクルマです。

 駆動方式もライバル同様にフロントエンジン・リアドライブのFRとし、エンジンは滑らかさにこだわった直列6気筒エンジンを採用しています。なお、排気量は2.5リッターと3リッターの2本立てで、車格に対して余力のあるエンジンとなっていました。

 比較的地味めな外観ですが、内装は本木目のパネル類や本革シートを装備するなど、高級車としての風格があります。

 輸入車よりもトヨタ車、「カローラより上がいいけどクラウンでは大きすぎる」というニッチな市場を狙ったうえ、価格は約340万円から450万円と高額で、販売は低迷しました。

 2001年にマイナーチェンジして、その後も改良を加えながら延命したものの、フルモデルチェンジすることなく2007年に販売が終了。後継車としてはレクサス「IS」が妥当なところです。

 中古車市場では台数は少ないですが、概ね60万円台以下で売られており、かつ年配のオーナーが多かったので程度も比較的良好なようです。ちなみに「アルテッツァ」とシャシを共有していたので、パーツの流用も可能だったとか。

■狙いすぎ? 超短命で終わってしまったクルマたち

●ダイハツ「ソニカ」

 ダイハツ「ソニカ」は軽自動車の新ジャンル開拓を目指し、「爽快ツアラー」として2006年に発売されました。

 快適なロングドライブを実現するために、スタイルと室内空間、全車ターボエンジンの採用と、爽快なハンドリングとフラットな乗り心地、さらに室内の静粛性と、多岐にわたるこだわりが投入されています。

 その一例としては、前後サスペンションに装備されたスタビライザーです。これにより、ロールを抑えコーナリングの安定性と乗り心地の向上と、相反する性能を両立しています。近年では前後に装着されることは極めて稀です。

 また、静粛性ではエンジン騒音の侵入をエンジンマウントの工夫により改善。走行音はドア下端の遮音と、風切り音の少ないドアミラー形状にするなど、各部で遮音と騒音低減した結果、ドライブ中の会話明瞭度向上が図られています。

 このように、明確なこだわりをもって開発された「ソニカ」でしたが、時代は使い勝手のよい「ハイトワゴン」や「トールワゴン」を求めていたため、発売からわずか3年の2009年に販売が終了してしまいました。

●スズキ「X-90」

 画像を見ると、どこからどう見てもキワモノ以外の何者ではないクルマなのがスズキ「X-90」です。1993年の東京モーターショーに展示され、2年後の1995年に発売されました。

 ネーミングは東京モーターショーに展示された時のまま「X-90」とし、Tバールーフの2シーターとなっています。なお、日本のみならず海外にも輸出されました。

「X-90」のベースとなったのはSUVの「エスクード」です。したがって、駆動方式はパートタイム式4WDとなっています。

 当時の「エスクード」はハシゴ型フレームで、ボディとは別体になっていました。このフレームを流用して「X-90」のボディを載せれば完成するという作りです。

 おそらく、東京モーターショーに出展する際にコンセプトカーを作る方法として一般的で、そのまま市販車となった経緯があるのかもしれません。

 非常にユニークなスタイルで海外でも話題になりましたが、とくに日本で2シーターSUVの市場などなく、2年ほどで販売が終了しました。現存数も少なく、大変希少な1台です。

■今なら当たった!? 若者向けSUV

●ホンダ「エレメント」

 ホンダ「エレメント」はアメリカで「ジェネレーションY」と言われる、1980年代から1990年代に生まれた人たちをターゲットに、2002年に発売されたSUVです。つまり、20代前半の若者向けのクルマとして企画されました。

 開発、デザイン、生産とすべてアメリカで行なわれ、日本には2003年から輸入が開始されます。ボディサイズは全長4.3m、全幅が1.8m強と、当時の日本のSUVとしては大柄な部類になっていました。

 デザインの特長はボディを一周するように配置された樹脂パネルで、色分けされた2トーンの外観がアクセントになっています。また、ドアはフロントが前側に、リアが後側に開く「観音開き」となって、真ん中にピラーがない構造です。

 テールゲートは上下に開き、下側のゲートはそのままベンチに。アメリカではテールゲートに腰掛け、仲間とワイワイ過ごしているシーンを「テールゲート・パーティ」と呼んでいました。

 アメリカの若者をターゲットとしたデザインや内容は、確かにアメリカでは受け入れられましたが、日本での販売は振るわず、発売から2年ほどで輸入は終了しました。

 ちなみに、アメリカでは2009年にビッグマイナーチェンジが行なわれ、2011年まで販売されましたが、後継車は登場しませんでした。 

※ ※ ※

 今回、紹介した5台のうち「ラシーン」以外はとても短命でした。しかし、どのモデルも明確なコンセプトがあって作られたモデルばかりで、「ソニカ」や「プログレ」は短命の終わったのが非常に惜しいです。

「X-90」については期間もしくは台数限定の限定車なら、良かったのかもしれません。

 1代で消えてしまったクルマはまだまだあります。ぜひ、近いうちにまた紹介してみたいと思っています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nob*****|2018/12/20 06:52

    違反報告

    ラシーンは復活してほしいかも、1500ccでクラシカルなオシャレなクルマは今も通用すると思う。
    当時はサニーベースだったけど、今なら、ノートベースに荷室スペース伸ばして、出て来ないかな?
    フィットベースのシャトルやグレイスみたいにデザインは今の技術なら応用きくでしょうね
  • tur*****|2018/12/20 07:17

    違反報告

    ラシーンに乗ってる女の子はオシャレな雰囲気があって、グッと魅力的に見えたものでした。結構売れてるのになぜモデルチェンジしなかったのかナゾ。
  • saw*****|2018/12/20 06:52

    違反報告

    ソニカ プログレ 以外は 異色で買う買わないは別に魅力はあった 今はこういうゆとりがメーカーに無くなった。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します