現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 欧州自工会、新たなCO2規制案に反対…「CO2の37.5%削減は厳しい」

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.19

欧州自工会、新たなCO2規制案に反対…「CO2の37.5%削減は厳しい」

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

欧州自動車工業会(ACEA)は12月17日、欧州で導入予定の新たなCO2規制案に関して、反対する声明を発表した。

EU(欧州連合)は12月17日、2030年の乗用車に適用するCO2の排出量を、2021年に対して37.5%削減する規制案を発表した。

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

欧州自工会は直ちに、この規制案に反対する声明を発表した。「2030年の目標が技術的、社会経済的な現実を考慮せずに、純粋に政治的動機によって推進されていることが残念だ」とした。

この背景には、CO2を37.5%削減するという目標が、既存のエンジンの改良車やハイブリッド車の販売比率を引き上げることでは、達成が困難と見られることがある。欧州自工会は、「CO2排出量をさらに削減することにコミットしているが、この目標は欧州の自動車業界にとって極めて厳しいものになる」としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • oku*****|2018/12/20 06:57

    違反報告

    ヨーロッパの自工会はちゃんと言うね。無理な物は無理と。
    CO2規制自体が温暖化ヒステリーの産物だからね。
    日本の環境省も温暖化サギから早く卒業しないと産業界が疲弊して不景気なるよ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します