現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキのレジェンドライダー伊藤光夫氏 MFJモーターサイクルスポーツ殿堂へ

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.19

スズキのレジェンドライダー伊藤光夫氏 MFJモーターサイクルスポーツ殿堂へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■日本人レジェンドライダー「MFJモーターサイクルスポーツ殿堂」入り

 スズキの社員ライダーとして二輪車レースで活躍していた伊藤光夫氏が、このたび一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(以下MFJ)が設立した「MFJモーターサイクルスポーツ殿堂」の第1回の殿堂顕彰者に選出されました。授章式は12月15日に行われます。

    スズキ新型「KATANA(カタナ)」ついに登場 80年代の鋭い刃、現代に降臨!(画像14枚)

 伊藤光夫氏の初レースは、1959年に開催された第2回浅間火山レースの125ccクラスに出場し転倒リタイアに終わっています。1963年には、日本人としてマン島TTレース(ウルトラ・ライトウェイトクラス)で優勝した現在でも唯一のライダーとして二輪史にその名を刻んでいます。

 スズキのワークスマシンRM63は、空冷2ストローク単気筒エンジンを搭載し、9段の変速機を採用しています。発生する最大出力は11psを発揮し、最高速度は150km/hに到達していました。

「MFJモーターサイクルスポーツ殿堂」は、日本のモータースポーツの歴史を後世に伝え、輝かしい実績のあった選手、関係者を顕彰する事を目的に本年より設立されました。第1回の顕彰者として、1907年から開催されている歴史あるマン島TTレースで、日本人初の優勝者である伊藤光夫氏が選考されています。

 レース引退後もスズキのレース活動に携り、レース車両の開発、世界に通用する技術の向上、後の世界チャンピオンとなるケビン・シュワンツなど優秀なライダーの育成に加え、長きにわたりMFJの技術委員を務めるなど、スズキのみならず日本の二輪車のレースの普及、発展に貢献してきた事も選考理由の一つです。

 今回の受章について伊藤光夫氏は、「この度突然お話を伺い、記念すべき第1回の顕彰者に選出いただいたこと、大変うれしく思っております。しかし、これは当時の担当者全員で成し遂げた事で、私個人が評価されたとは思っておりません。

 TTレースへの参加を決断された二代目社長、鈴木俊三氏の先を見た英断であり、その時期に参加メンバーに選ばれ、ライダーとして起用され参加した私が優勝出来たことが、光栄であり喜びと感謝の気持ちでいっぱいです」とコメントしています。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

TOKYO AUTOSALON 2019

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • bob*****|2018/12/20 04:19

    違反報告

    素晴らしいと思いますが、今までこういう仕組みがなかったことが不思議なくらいです。
    世界一のモーターサイクル生産国であるのに、スポーツと文化という面ではまだ遅れていると言わざるを得ません。
    先ずは遅れを取り戻すべく、乱発のそしりを恐れず、これまでの偉人を選出してほしい。
    思いつくだけでも高橋国光・伊藤史朗・金谷秀夫・隅谷守男・高井幾次郎・片山敬済・渡辺明などなど枚挙にいとまがない。
    MFJの英断に期待します。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します