現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 勢いが止まらない! ボルボブランドを支えるミドルSUV「XC60」の乗り心地とは

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.19

勢いが止まらない! ボルボブランドを支えるミドルSUV「XC60」の乗り心地とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ボルボのミドルサイズSUV

 日本人のイメージのなかで、輸入車として知名度が高いのは、「メルセデス・ベンツ」「BMW」「アウディ」「フォルクスワーゲン」などドイツ車が多いです。しかし、ここ数年で日本でも勢いを増しているのがスウェーデンの自動車メーカー「ボルボ」です。

    ボルボの新型SUV「XC40」がリアルに凄い! 全てに完璧を求めるボルボの自信作

 その年の優秀なクルマを選定する「日本カー・オブ・ザ・イヤー」において、2017年に「XC60」が受賞し、今年もボルボの「XC40」が輸入車初となる2年連続受賞するなど、自動車業界でも多くの注目を集めています。聞くところによると、この「XC40」はすでに2000台ものバックオーダーを抱え、納期が非常にかかってしまっているほど人気を集めているといいます。

 そんななか、今回は箱根ターンパイクにてボルボ「XC60 T6 R-Design」の試乗会が行われました。このモデルは同車種のなかでスポーティさを演出しているグレードです。

 この「XC60 T6 R-Design」は、全長4690mm×全幅1915mm×全高1660mmというボルボのなかではミドルサイズSUVに位置付けされています。ライバル車は、メルセデス・ベンツ「GLC」、BMW「X3」、アウディ「Q3」といったクルマとなります。

 パワートレインは、2リッターガソリンエンジンでスーパーチャージャーとターボチャージャーの両方を搭載することで、最高出力320PS・最大トルク40.8kg・mを発揮。エンジン始動時は、大人しく上品な印象ですがアクセルを踏み込んでいくと、背中を押されるように軽やかなエンジンフィーリングです。

 このクラスのSUVで、箱根ターンパイクのようなワインディングを走行すると、コーナリング時に横向きに傾くとロールが大きくなるのを感じますが、このモデルでは程よい加減に抑えられスムーズな旋回を行えます。

■ディーゼル仕様は力強さが特徴

 今回の「XC60 T6 R-Design」は、225/40R21という大口径アルミホイールと扁平率の低さから一般的に乗り心地が悪くなるイメージを持ちますが、専用スポーツサスペンションなどにより不快さを感じません。

 今回のメインはあくまでもガソリンエンジン仕様でしたが、「XC60 D4 R-Design」も同時に試乗する機会を得ました。パワートレインは、2リッターディーゼルターボエンジンで最高出力190PS・最大トルク40.8kg・mです。

 出力数値や軽やかなフィーリングは、ガソリン仕様(T6)にはおよびませんが、ディーゼル特有の低回転からグイグイとパワーが出る乗り味は、高速道路を利用する長距離移動など大いに活躍します。

 2016年に2台目となる新型「XC90」の登場以降、新生ボルボは国内外問わずあらゆる業界で、勢いあるブランドです。

 そしてボルボのSUVラインアップの中間を担う「XC60」は、ライバル車よりも価格帯を抑えつつも、先進安全技術「インテリセーフ」を全車標準装備するなど、ユーザーのお財布事情とセーフティな面をフォローした今後も注目なクルマといえます。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します