現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【自動車博物館へ行こう】日産ヘリテージコレクションにあるプリンスR380は第3回日本GP優勝車だった

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.19

【自動車博物館へ行こう】日産ヘリテージコレクションにあるプリンスR380は第3回日本GP優勝車だった

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日産ヘリテージコレクションに展示されているサーキットの猛者たち、その第2回目はプリンスR380を紹介しよう。日産ヘリテージコレクションには、往年のレースファンにとって忘れられない名車がズラリと並んでいる。(Motor Magazine 2017年3月号より)

国産初の純レーシングカー、プリンスR380
1960年代後半、日本GPは第3回大会より富士スピードウエイに舞台を移し、自動車メーカーが主体となるスポーツカープロトの戦いになっていった。そして時代は、ニッサン(プリンス)、トヨタ、ポルシェによるビッグマシンの戦いへと移っていく。

    “日産 GT-R 50”、これがGT-Rの最終形なのだろうか!?

その発端となったのがプリンスR380だった。

第2回日本GPでプリンス(のちのニッサン)はスカイラインにグロリア用の直列6気筒エンジンを搭載したスカイラインGTで参戦し、ポルシェ904を一時抜き去ったものの惜敗。そこで、その敗戦を糧に純レーシングカーの開発に取りかかることになった。「R」はレーシング、「380」はプロジェクトナンバーを示していた。

このプリンスR380は、1966年に開催された第3回日本GPで見事に優勝を飾る(1965年はGPは開催されず)。そして、この勝利がスポーツプロトを開発していなかったトヨタの闘志に火をつけることにもなる。ちなみに、この年、1966年8月にプリンスと日産自動車は合併、その後、「プリンスR380」は「ニッサンR380」となる。

ニッサンR380は翌年1967年の日本GPにも参戦、総合2-3-4位に入っている。

日産ヘリテージコレクションには、1966年第3回日本グランプリ優勝車が展示されている。

プリンスR380 (1966年 日本GP優勝車両)
●全長×全幅×全高=3930×1580×1035mm
●ホイールベース2360mm
●エンジン= 直列6気筒DOHC(GR8型)
●排気量=1996cc
●最高出力=200ps以上/8400rpm
●最大トルク=17.5kgm以上/6400rpm
●車両重量=620kg

日産ヘリテージコレクション
日産自動車の80年あまりの歴史を見ることができるスペース。新型車の開発、試作、設計製作を行う日産の生産技術の拠点である座間事業所内に併設され、1930年代の生産車から歴代のレースカーまで、日産のオンロード、オフロード両面の歴史を物語る車両など約400台の記念車を所蔵し、うち常時約300台を展示している。日産自動車の座間事業所内に併設されているということもあって、公式サイトから応募フォームにより事前申し込みが必要だが、入場料はなんと無料。アクセスはあまり良くないが、行ってみる価値ありだ。

●住所:神奈川県座間市広野台2-10-1 
●入館料:無料(応募フォームにより事前申し込みが必要)
●開館日:申し込みカレンダーにて確認 
●駐車場:あり
●問い合わせ先:☎046-298-4355(受付時間:月~金10:00~16:00※ただし12:30~13:30は除く)http://nissan-heritage-collection.com/
●電車でのアクセス:小田急江ノ島線南林間駅から神奈川中央交通バス「日産」「相武台前駅」「小田急相模原駅」行、「ひばりヶ丘1丁目(または小松原)」下車、徒歩7分。または相鉄本線さがみ野駅から相鉄バス「南林間駅」行「ひばりが丘1丁目(または口機入口)下車、徒歩7分
●クルマでのアクセス:東名高速道路「横浜町田インター」から国道16号線を八王子方面へ。国道246号線を左折、東原4丁目交差点を右折、2つめの信号を左折、1つめの信号(正門前専用信号)前が座間事業所2地区正門、約30分
●展示車両は入れ替えあり

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン Motor Magazine編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nan*****|2018/12/19 16:38

    違反報告

    因みにこちらのマルーンボディの車両は改良型。
    元々はプリンスの社員が英国に出向きブラバムのフォーミュラシャーシを購入、これを社内でニ座に改造しポルシェ904(意味わかるやろな??)を参考にした自製ボディを架装したのがR380。
    最初期のR380はRカウルのダクト形状等が異なり、塗色も白に赤ストライプとなる。それまで例が無いパイプフレームとミッドエンジンに恐怖を感じたプリンスのテストドライバーは運転を嫌がり、桜井真一郎氏自ら試運転を行ったらしい。
    最初期型R380は先ず速度記録樹立に挑むが走行中のクラッシュで大破、二回目の出走で速度記録を達成している。
    その後はフロントのリフト対策等改良を重ねながら全日本選手権を走り、ポルシェ等に再び挑んでいたのは有名な話。
    しかしながらヤマハと並行してプリンスとも契約、プリンス最速のドライバーだった伊藤史朗が自身の事情により乗る機会が無かったのは残念やったと思う。
  • sph*****|2018/12/19 14:45

    違反報告

    世界最速ロードレーサー=サイクリングステーション!

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します