現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 貿易赤字の原因としてハンマーで叩き壊された過去! 今どきの日本車はアメリカでどう見られているのか

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.19

貿易赤字の原因としてハンマーで叩き壊された過去! 今どきの日本車はアメリカでどう見られているのか

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トランプ政権で再び日本車がやり玉に

「バイ・アメリカン」の意味

    日本では不人気で日陰の車種……でもアメリカでは大ヒット中の日本車3選

「バイ(Buy)、アメリカン(American)」。 ドナルド・トランプ大統領は、大統領選挙期間中から一貫して、そう言っている。そのなかでは当然、クルマも含まれる。となると、「アメ車を買え」という風に聞こえる。

 そのため、トランプ大統領が就任直後から、安倍晋三総理と世耕弘成・経済産業大臣が「いえいえ、そうおっしゃらず。日本メーカーもアメリカで生産しているでしょ」と説得に努めた。

「日本車は、アメリカ人の生活に十分に根差していますよね。日系自動車メーカーは多くのアメリカ人を雇用していますよね。今後も、アメリカ向け自動車は日本からの輸入を徐々に減らして、しっかりアメリカ国内で生産しますので、その点を十分にご理解ください」。そうした、貿易の初歩的なところから、トランプ大統領に説明をしてきた。

 80年代とは状況がまったく違う

 時計の針を少し戻すと、1980年代には日米自動車貿易戦争が勃発。価格が安くて性能が良い日本車が日本からアメリカに輸出され始め、アメ車が一気に売れなくなった。そのため、アメ車の工場で人員削減が行われたものだから、工場労働者の怒りが爆発。労働組合関係者らが日本車をでっかいハンマーで叩き壊したり、火をつけたりと、嫌日ムードが全米に広がった。

 その後、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルと日系メーカーは次々とアメリカ国内生産拠点を開設した。または、北米貿易協定(NAFTA:ナフタ)を活用して、アメリカに隣接するカナダとメキシコでも生産拠点を拡充し、そこからアメリカへ完成車を輸出してきた。

 80年代からのカーター、レーガン、親ブッシュ、クリントン、小ブッシュ、オバマと続いた6つの政権では日米自動車摩擦はとくに大きな問題にはならなかった。それがいきなり、トランプ政権で「アメリカにとって、重大な問題だ!」と、クルマが通商政策のやり玉に挙がったのだ。

 一般国民に嫌日ムードなし

 トランプ政権の「バイ・アメリカン」政策について、一般のアメリカ国民の本音としては「なにをいまさら」という感じだ。

 クルマについても、日本車購入を毛嫌いするような社会運動は起こっていない。日本車の多くがアメリカや、アメリカ周辺で製造されいることを、多くのアメリカ国民は知っているからだ。

 じつは、こうした社会情勢をトランプ政権は十分承知している。それにも関わらず、日本車叩きを強調するのは、「強いアメリカ」を演出するためのひとつの手法だ。

 さらには、アメリカにとって通商問題で最大の敵は、日本ではなく、中国だ。昨今の米中貿易戦争による、両国間の交渉の綱引きが続いている。

 そうした米中関係の中、日米自動車貿易が「交渉の駒のひとつ」として使われている、と霞が関の政府関係筋の多くは見ている。

 昨今の日米自動車貿易戦争は、トランプ政権によるイメージ戦略だといえる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(WEB CARTOP 桃田健史)

TOKYO AUTOSALON 2019

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • pjx*****|2018/12/19 08:47

    違反報告

    イメージ戦略でも鬱陶しいね!
    中国に対する戦略は評価するけどね?
  • nan*****|2018/12/19 09:36

    違反報告

    「その後、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルと日系メーカーは次々とアメリカ国内生産拠点を開設した」
      ↑
    この頃は海外での日本車生産に付いて懐疑的な意見も見られていた、高品質な日本車を造れる理由は高度な生産技術以外に工場勤務の日本人労働者が優秀な為と考えられていた為。
    既にトヨタはブラジルにも生産拠点を持っていたが、余り機能してはいなかった。
    一方で比較的海外生産が上手く行きやすいと見られていたのがホンダやスズキ。何故なら部品点数が少ない二輪製造もやっているから、工場の現場管理等もしやすいとみられていた。
    今ではごく当たり前に各メーカーは海外生産を行っているが、大変な苦労が有った筈。
  • go2*****|2018/12/19 11:07

    違反報告

    プリウスだけは毛嫌いされているようです。
    インテリとかエコ信者の自己アピールに使われている側面があるので、一般ワーカーからの受けは悪い。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します