現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタも参画のAGLプラットフォーム、RAV4 新型に20種類のコネクトサービス搭載…CES 2019で発表へ

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.18

トヨタも参画のAGLプラットフォーム、RAV4 新型に20種類のコネクトサービス搭載…CES 2019で発表へ

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オートモーティブ・グレード・リナックス(AGL)は12月17日、米国ラスベガスで2019年1月に開催されるCES 2019において、20種類のコネクテッドカーサービスを搭載した新型トヨタ『RAV4』を初公開すると発表した。

オートモーティブ・グレード・リナックスは、オープンソースのソフトウェア開発を推進するプラットフォーム共同開発プロジェクトだ。自動車メーカーでは、トヨタ自動車などが参画している。

    次期トヨタ RAV4の詳細が英国で明らかに。国内のライバルと比べてどうか?

オートモーティブ・グレード・リナックスが、CES 2019で初公開を予定しているのが、20種類のコネクテッドカーサービスを搭載した新型トヨタRAV4だ。この新型RAV4には、20種類のコネクテッドカーサービスをはじめ、最新オーディオ、メータークラスター、セキュリティソリューション、その他の車載技術を採用する。これらはすべて、AGLのソフトウェアプラットフォームで作動するという。

この他、オートモーティブ・グレード・リナックスのCES 2019のブースでは、アイシンAW、デンソー、デンソーテン、NTTデータ、パナソニックなど、オートモーティブ・グレード・リナックス会員の技術を展示する、としている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します