現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ケン・ブロック、『ジムカーナ10』公開…全開ドリフト

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.18

ケン・ブロック、『ジムカーナ10』公開…全開ドリフト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フーニガン(Hoonigan)は12月17日、ラリードライバーのケン・ブロックが手がける合計再生回数5億回超のビデオシリーズ「Gymkhana(ジムカーナ)」の最新作、『Gymkhana TEN(ジムカーナ10)』を公開した。

『ジムカーナ10』は2年以上の期間をかけ、世界中の5か所の異なるロケーションと5種類のユニークなマシンを起用して制作されたケン・ブロックの最新作だ。

    新型フォレスター北米仕様、国内お披露目会 今後ターボあるかも?

映像はスウェーデンのルレオから始まる。2018年型フォード『フィエスタWRC』に乗ったケン・ブロックは、ジムカーナシリーズ初となる雪と氷上のドライブを披露する。自動車の街、米国ミシガン州デトロイトに移ると、1400psを誇るフォード『マスタング』の「フーニコーンRTR V2」を操り、煙を巻き上げながら街中を豪快に走る。

メキシコ・グアナフアトでは、フォード『フォーカスRS RX』のマシンに乗り換え、色鮮やかな通り沿いや美しい山間の町が描かれたトンネルを駆け抜ける。ケン・ブロックはその勢いのまま、カリフォルニア州ロサンゼルスに舞台を移す。フォード『エスコートRSコスワース』に乗ると、大量の火花を散らしながら迫力の走りを披露する。

最後は『ジムカーナ10』で世界初公開となる1977年型フォード『F-150』をベースとした「フーニトラック」が登場する。テキサス州シャムロックの小さな町を通る伝説のルート66を疾走する。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 森脇稔)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • zet*****|2018/12/18 17:38

    違反報告

    魅せる走りは出来るが競技者としてのレベルは低い
  • ham*****|2018/12/18 18:45

    違反報告

    ツインパフォーマンスは、日本のD1ファイターも、決して引けを取っては居ないと思うが、それでも細かい技術はこの人には及ばないだろう。
    問題は、このシリーズは、人気=金銭を生み出すフィルムになっており、仕上げる工程やリハーサル等の技術面が気になる所だが、それでも車をコントロールする技術が高いのは、子供が見ても理解可能であり、十分意義のあるシリーズだと言うべきだろう。
    もっと世に出して、いい気になって煽り運転などやらかす愚か者とか、高性能なスポーツカーで最高速投稿などしてる、身の程知らずに見せれば、自分が恥ずかしくなる事だろう・・。
    WRCのタイトルホルダーでなかった彼でさえ、このレベルの技術を保持してるのであれば、やはり世界一クルマと言うモノを、コントロールする技術がある人間は、F1ドライバーでも、インディを走らせるドライバーでもなく、WRCドライバーなのは、間違いないだろう。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します