現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ 新型「プリウス」発売開始 不評デザインをヤメ、燃費よりも安全を重視した新型モデルの特徴とは

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.18

トヨタ 新型「プリウス」発売開始 不評デザインをヤメ、燃費よりも安全を重視した新型モデルの特徴とは

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■大人しめなデザインに変更した新型「プリウス」

 米LAショー2018で世界初公開され、日本でも大きな話題となったトヨタ新型「プリウス」が、2018年12月17日、日本市場でも発売を開始しました。日本では「歌舞伎顔」とも揶揄され、デザイン面が不評だった4代目プリウスですが、今回のビッグマイナーチェンジにより、フロント・リアの大幅なエクステリアデザイン変更などが実施されています。

    トヨタ クラウン史上最大の失敗作? 4代目クラウンは本当に駄作だったのか

 世界初の量産型ハイブリッド車としてデビューし、ハイブリッドの代名詞として人気を博してきたトヨタ「プリウス」。現行型はトヨタのクルマづくりを大きく変えるTNGA採用第一弾モデルとして華々しくデビューした4代目となります。しかし、この4代目プリウスは外観デザインが不評だったため、人気は低迷。そのネガとなっていたデザインに歴代プリウスでも初となる大幅なメスが入りました。

 今回のビッグマイナーチェンジを受けた新型プリウスについて、トヨタ広報部は次のように話します。

「デザイン面では、従来モデルオーナーからも“抵抗があった”という声やクルマを選ぶ段階でも“デザインが残念”という声が多かったようで、デザインを変えなければということで変更して、プリウスの良いところを見てもらうためにも、『好んで頂けるデザイン』にしています。

 今回の訴求ポイントは安全面です。『トヨタセーフティセンス』を全車標準したことで、安全に運転してほしいです。また、燃費については、グレードEにも安全装備を採用したかとから重量増となり、数値的には前モデルより40.8km/Lから39.0km/Lと下がっていますが、これも安全性を重視した結果と言えます」と話します。

■外観デザインだけではなく、安全面、利便性も大幅向上

 新型「プリウス」の主な変更点として、外装(フロントフェィス・リアテールランプの形状変更)や内装(内装パネルのブラック加飾化)をはじめとするデザインを歴代モデルのもつ先進イメージを残しつつ、洗練されたデザインへと変わっています。

 新型「プリウス」の主な変更点として、外装(フロントフェィス・リアテールランプの形状変更)や内装(内装パネルのブラック加飾化)をはじめとするデザインを歴代モデルのもつ先進イメージを残しつつ、洗練されたデザインへと変更。

 今回の新型「プリウス」のボディサイズは、全長4575mm×全幅1760mm全高1470mm(1475mm)とモデルチェンジ前の全長4540mmに比べて、35mm長くなっています。

 利便性では、上位グレードの装備としてコンソール内設置された「ワイヤレス充電」のトレイ部を近年のスマフォ巨大化に合わせスペースを拡大したほか、夏場のシート蒸れを解消する吸い込み式のベンチレーションを新たに前席へ採用するなど日常の使い勝手の向上も図っています。

 新型「プリウス」は、今年6月に発表された「クラウン」や「カローラ スポーツ」に採用された専用通信機DCMを搭載することで「コネクテッド・カー」を継承。LINEアプリによる「プリウス」との会話やオペレーターに口頭で情報検索や目的地設定の依頼が可能なサービス、音声対話で目的地の検索・設定が可能なエージェントシステムなど“つながるクルマ”へと進化しました。

 カーナビゲーションシステムは、現行「プリウス」の派生モデルであるプラグインハイブリッド車「プリウスPHV」にも採用されている縦型11.6インチのメーカーオプション、または従来の横型のディーラーオプションカーナビから選ぶことが可能です。

 安全面では、トヨタの衝突回避支援パッケージ「トヨタセーフティセンス」を全車に採用、従来エントリーグレード(グレードE)にはありませんでしたが、近年の安全性に対する考えのもとすべてのモデルで標準装備になりました。

 マイナーチェンジ後のカラーリングは、新色の「ブルーメタリック」と「エモーショナルレッドII」を加えた全9色を設定。サスペンションやホイールサイズがよりスポーティとなる「ツーリングセレクション」には、幾何学調ルーフフィルムを採用した2トーン仕様も用意されています。

 新型プリウスは、新たなデザイン採用に加え、安全性や利便性も向上させています。これまでの不人気理由だった“ネガ”要素が消え、再びプリウス人気が復活するのか注目されます。

■ビッグマイナーチェンジを受けた新型「プリウス」の気になるスペック

●トヨタ新型「プリウス」ボディサイズ:全長4575mm×全幅1760mm全高1470mm(1475mm)ホイールベース:2700mm車両重量:1320kgから1460kgエンジン:1.8リッターガソリンエンジンエンジン最高出力:98PSエンジン最大トルク:14.5kgf・mモーター最高出力:72PS(フロント)/7.2PS(リア)モーター最大トルク:16.6kgf・m(フロント)/5.6kgf・m(リア)カタログ燃費(JC08モード):34.0km/Lから39.0km/Lタイヤサイズ:195/65R15または215/45R17

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(くるまのニュース くるまのニュース編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します