現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > たった8分で手洗い洗車完了の裏技をご紹介!冬にこれは便利すぎる…

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.18

たった8分で手洗い洗車完了の裏技をご紹介!冬にこれは便利すぎる…

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の洗車は車が好きでないと厳しいし、暖かい日でも1~2時間は取られてしまうため洗車が億劫になっている方もいらっしゃるかと思います。ちょうどCarMe[カーミー]編集部のメンバーが洗車した際にやはり寒いし時間がかかるということで、より手軽に・簡単に・時短できる洗車方法がないかリサーチ・取材をした。すると目新しい商品、しかも8~10分程度で洗車が終わるという洗車グッズを発見。実際に8分程度で終わるのか実験したので、どのように時短が可能なのかを紹介したい。Photo・S.Kamimura

普通の洗車にかかる時間は約60分

    ボルボXC40はカジュアルな秀作SUV。タイヤサイズが悩みどころ

おさらいとして普通の洗車工程を思い出してみよう。今回の商品はあくまでボディが対象のため窓や足回りの洗車は割愛する。また、洗車の対象は軽自動車であるホンダ N-BOX カスタムをチョイスした。
洗車の流れ
1.水でホコリ等を落とす
2.カーシャンプーでボディの汚れを落とす
3.水で流し拭きあげ
4.コーティングもしくはワックスを施工
人によっては粘土で鉄粉を落としたりエンジンルームを施工するケースもあると思うが、今回はあくまでボディをメインとした簡単な洗車に話を絞る。では、それぞれでどれほど時間がかかるかとみていこう。
・水でホコリ等を落とす:4分
4分程度で全体の汚れを落とすことが可能であり、コイン洗車場での放水時間は4~5分が多い。
・カーシャンプーでボディの汚れを落とす:25分
カーシャンプーを水で割って泡だて、スポンジ等で汚れを上から下に落としていく。編集部では20分ほどかかった。
・水でシャンプーを流し拭きあげる:14分
シャンプー泡と汚れをホースで流していくのに4分程度、濡れたボディを拭きあげるのに10分ほどかかる。
・コーティングもしくはワックス:15分
今回はスプレー式のコーティング剤を使用したが、ボディ全体に施工するのに10分ほど要した。
各工程の所要時間を足し算すると58分かかったことになる。


約8分で洗車が終わる超便利洗車グッズ

さて今回の本題に移ろう。
洗車時間をぐっと減らせるという噂の洗車グッズはシュアラスターが新発売した「ゼロフィニッシュ」。実際にシュアラスターにどのような商品かを取材したところ、これ1本で洗車・艶出しができてしまう代物で水がなくても使用できることもあり、車をさほど使わない層から車大好きな層(車好きで集まるオフ会等に参加するレベル)まで幅広く受け入れられており、こと二輪においては販売スタートからかなりの人気を博しているという。
人気の要因はこの商品1つで洗車の大半を賄えてしまうことにあるそう。
具体的には、
(1)汚れ落としとコーティングを実現する基本機能
(2)樹脂、金属、素材を選ばず幅広く使える
(3)耐熱300度のためマフラーやホイールにも使用可能
である。


本当に8分程度で洗車できるのか!?を実験!

前置きが長くなってしまったが、実際にどれほどの時間でできるのか確かめてみた。工程はたった2つで、水で流す作業とゼロフィニッシュを吹きかけて拭き取るだけなのだ。


1.水でホコリ等を落とす
まずは小傷をつけないようにコイン洗車場のホースでホコリや軽い汚れを流す。ここまでは通常の洗車工程と変わらず4分程度で終わる。


2.ゼロフィニッシュを吹きかけて拭く
通常であれば濡れたボディを拭きあげるが、ゼロフィニッシュでは濡れたボディのままでも施工可能とのことなので、今回は濡れたボディのまま実施してみた。ルーフから始まり上から下へ吹きかけてはマイクロファイバークロスで拭き取っていく。かかった時間は「8分51秒」。
*汚れがかなり激しい場合は拭きあげ後に使用することをオススメする。


今回は女性が軽自動車をゼロフィニッシュで施工するという条件だったが、それでもたった13分弱で終了する。早い…とにかく早い。水洗いを抜くと8分強で終わってしまうのだ。


ゼロフィニッシュで汚れはちゃんと落ちる?

これだけ早く洗車が終わると果たして汚れがちゃんと落ちているのか気になるところ…。


ボンネット上のビフォーアフター写真がこちら。かなり綺麗になっているのがわかる。写真では伝わりづらいが、触ってみるとコーティングが効いている特有の肌触りを感じることができた。


車購入時から洗っていないという方も多いと思われる部分。頑固な汚れが残っていたがしっかりと落ちている。これだけの汚れが落とせるとは正直思ってもみなかった。


エンジンルームも洗ったことがないという方が多いだろう、こちらも酷い汚れだったが完全に綺麗で新車当時に戻ったと言っても過言ではないレベルで綺麗になった。


エンブレムは綺麗になったものの、一部錆びついていたり強力な汚れがこべりついており落とせない部分があった。これを洗車グッズで落とそうと思うのは酷かもしれないが…。
CarMe[カーミー]編集部では、普通の洗車とゼロフィニッシュを使用した洗車の所要時間を比べてみた結果「約1/5」の時間で済んでしまうことがわかった。
汚れもしっかりと落としてくれる優れものであるし、何より水洗いも含めて13分程度で終わってしまうのが嬉しい。新商品とのことなので、興味のある方はぜひ一度使ってみてほしい。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します