現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トミカ初春シリーズ、第6弾は「書」…新年の「書初め」にどの字が当たる?

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.17

トミカ初春シリーズ、第6弾は「書」…新年の「書初め」にどの字が当たる?

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タカラトミーは、SYO ARTIST 吉川壽一氏との異色コラボモデル、初春トミカシリーズ「トミカ 書」全6種を12月27日より発売する。

初春トミカシリーズは、「日本らしさ」「正月らしさ」を軸にした新春向け商品として、2013年より年ごとにテーマを変え、「福々トミカ」、「紅白福々トミカ」、「傾きものトミカ」、「トミカむかし ばなし」、「トミカ百人一首」を発売。今回の「トミカ 書」はその第6弾となる。

    999台限定、アウディR8の2WDモデル「RWS」はクワトロと別モノ

吉川氏は、自由な発想と優れた企画力でスケールの大きな表現世界を開拓したSYO ARTISTだ。パリ・エッフェル塔下での大書や、中国・天安門前での45m×15mにおよぶ大揮毫など、「破格」を信条に全世界で精力的に活動。NHK大河ドラマ「武蔵」や講談社「バガボンド」「ジパング」等の題字も手掛けている。

今回発売するトミカ 書は、「書初め」をテーマとした初のトミカ。「喝」=日産『フェアレディZ』、「天」=トヨタ『2000GT』、「夢」=日産『リーフ』、「心」=スバル『インプレッサ』、「無」=トヨタ『アルファード』、「月」=シークレット車種、全6種の文字を選び、すべて吉川氏による力強い書き下ろしの書をトミカのボディにデザインした。文字をボディの2面以上にまたがるように、大きく大胆に書き入れたトミカはこれが初めてとなる。

同商品は、通常のトミカと同様、手ころがしや走行させて遊べるほか、そのままデスクやテーブルに飾って楽しめる。車体の書は見る人によって、またはその時の気分によって様々な意味を感じることができる文字を選出。新年の抱負を考える一助となる「書」に出会ってほしいという想いを込めたという。

価格(税別)は700円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します