現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2019年、アメリカの25年ルールで輸入解禁になる!日本の名車5選

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.18

2019年、アメリカの25年ルールで輸入解禁になる!日本の名車5選

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の自動車業界も米国トランプ大統領の口撃(トランプ砲)の標的に何度もなっている。2017年1月に話題になったのが、「日本市場では、米国車に対して販売を難しくしている」という発言。日本では輸入車に対して関税ゼロとなっているが、2018年に入ってからトランプ政権が2.5%から25%に引き上げる検討をしていると話題になったのも記憶に新しい。では、逆に米国では輸入障壁はないのだろうか? 「25年ルール」を輸入障壁と見ると、右ハンドル車の日本車は不利なのではないだろうか?文・塚田勝弘

日米の自動車輸入障壁は?

    2018年、アメリカの25年ルールで輸入解禁になる!日本の名車5選

トランプ大統領の発言を「的外れ」とするのは、先述した関税の差だろう。さらに、輸入障壁があるという指摘に対して、日本では輸入自動車特別取扱制度(PHP)があり、販売台数が少ないモデルは、型式指定よりコストが小さくて済むため、台数が少ない輸入車でも日本に輸出しやすくなっているという指摘もある。
一方で、日本では排気量により自動車税、重さ(車両重量)により重量税が課せられ、さらには自動車取得税や消費税もあるが、重くて排気量が大きくて、燃費が悪いと税金が高くなる。
米国車には不利になり、こうした自動車税制も米国車が売れないと見る向きもある。まぁ、同じようなクルマでもドイツ車であれば売れているのだから、「多くの日本人にとって」魅力あるモデルが少ないという分析はある意味妥当かもしれない。


米国の「25年ルール」とは?

さて、前置きが長くなったが、米国では輸入障壁はないのだろうか。かの国では、新車販売されていないクルマを中古車で輸入する際は、排出ガス規制や安全基準などを米国基準に適合させる必要があり、実質的な締め出し、障壁になっている。さらに、米国では右ハンドル車の輸入(テスト車両や郵便車などをのぞく)を認めていない。
ただし、25年を超えた旧車の場合は、上記の規制に加えて、右ハンドル車もOKとなる。日本側からすると、不公平と思えるかもしれないが、右ハンドル車は世界的には少数派なので、輸出や現地生産が多い日本の自動車メーカーは当然ながら最初から左ハンドル仕様を作っている(右ハンドルのみもあるが)というのが最近の常識。
米国であっても25年を超えたクラシックカー、右ハンドル車となればニッチなマニア向けになるのは必至だから、排出ガス規制も関税も含めて例外としても問題なしとしているのかもしれない。
こうなると、25年が経ったモデルが毎年話題になってくる。2019年になれば、登場月によるが1994年モデルも対象になるのだ。


25年ルール適用の名車5選

2019年ではR32型の日産スカイラインGT-Rが最後期に入り、元々、絶大な人気を誇るR32だから、後期モデルだと300万円、400万円超えも珍しくない。
走行距離5km以下の個体は多くなく、10万km超え、カスタマイズ済みが普通だが、それでも映画の影響などもあって2019年はさらに高騰するかもしれない。


トヨタ セリカを見ると、6代目セリカが対象になってくる。丸目4灯でデザインが若者に支持されていたモデルで、兄弟車にはカレンという2ドアクーペもあった。
6代目セリカは、1995年にはWRCのレギュレーション違反でポイント剥奪という事件もあった。日本市場でのタマ数は少なく、20万円程度が多いよう。


日本でも人気の日産 シルビアは、1994年というと、1993年デビューの6代目S14型も25年ルールに適合してくる。1972年生まれの私には、S13の方が支持は熱く、S14にバトンタッチしてしまうと、冷めてしまった空気感をよく覚えている。
93年、94年式だと100万円~150万円程度の個体も多そうで、FRということもあり、米国のファンのターゲットになるかもしれない。


スポーツカーに人気が集中していることを考えると、ホンダ NSXも当然見逃せないだろう。NA1型の初代は1990年デビューで、92年登場のタイプRも視野に入ってくる。
90年から94年式まで見ると、アルミボディの経年劣化も気になるところだが、300万円台からチューンド系で1,000万円前後まで幅が広く、500万円台前後が比較的多いようだ。


マツダのRX-7は、FD3S(FD)型が1991年登場のため、1~2型までが対象となる。そうなると、初期型は現在ほとんどタマ数がなく、まだ数年は25年ルールには当てはまらない。
中期型の4型から後期型の5型以降まで2年から6年ほどまだあるので、これから値上がりする可能性もあるだろうが、その多くがチューニングやドレスアップ済みとなっている。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(CarMe カーミー)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します