現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > “アグレッシブ”から“マイルド”へ──目指せ“万人受け”! トヨタ新型プリウス登場

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.17

“アグレッシブ”から“マイルド”へ──目指せ“万人受け”! トヨタ新型プリウス登場

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年に登場した現行プリウスの特徴のひとつは、アグレッシブなエクステリアデザインだった。ボディ形状こそ従来とおなじ5ドアハッチバックながら、メーカー自身が「ゼロからやり直して行き着いた、このフォルム」とうたうようにデザインは大きく変わった。

とくに、リアとフロントまわりのデザインは独特で、ひと目でプリウスとわかる特徴を得た反面、個性が強すぎるといった意見も多かった。しかも、日本国内の月間販売台数はここ最近下降気味で、トップ10入りこそするものの、首位復活までは至らなかった。

    3度目の正直なるか? ハイブリッドセダンでリベンジ──ホンダ新型インサイト登場!

そこで、今回のマイナーチェンジはエクステリアを中心に改良を実施。幅広い層にアピールすべく、より柔和なデザインに変更した。広報資料も「今回のマイナーチェンジでは、プリウスの特徴である先進的なイメージを継承しつつ、親しみやすく、より知的で洗練された内外装デザインに変更しました」と述べる。

まずエクステリアは、フロントグリルや前後バンパーの形状を変更。また、ランプ類のデザインはフロント&リアともに横長形状を採用した。全体的に、兄貴分の「プリウスPHV」に近いデザインに変わった。あわせて、アルミホイールのデザインも変更。17インチアルミホイールは樹脂加飾部にチタン調の塗装が施され、15インチアルミホイールは新しくツインスポーク形状のデザインを採用した。

ボディカラーは鮮やかなブルーメタリックを追加。レッドカラーはより輝きを増したエモーショナルレッドIIに変わった。また、上級グレードの「ツーリングセレクション」は、ツートンカラーも選べるようになった。ツートン仕様は、ホワイトやシルバー、グレーなどのボディカラーをベースに、ルーフおよびルーフアンテナ、ドアミラーがブラックカラーになる。

インテリアは、これまでホワイト加飾だったインパネやフロントのコンソールトレイをブラック加飾に変更。また、トレイ内に設置されるワイヤレス充電のスペースが拡大し、より多くのスマートフォンに対応するようになった。

先進装備も充実した。まず、コネクテッドサービスは、より多くのユーザーに体感してもらうべく、専用通信機を全車標準搭載した。これにより、スマートフォンなどモバイル端末機器を介さなくても、直接「T-Connectサービス」を利用出来るようになった。しかも、3年間無料だ(4年目以降は1万2960円/年)。

「T-Connectサービス」は、24時間365日対応可能な専任オペレーターによるサービス(ルート検索や目的地の情報収集など)や、つねに最新の地図データに更新される「マップオンデマンド」などが特徴である。

また、先進安全装備は、これまで一部グレードに標準装備だった衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」が、全車標準になった。ミリ波レーダーおよび単眼カメラを併用したシステムには、自動ブレーキやオートマチックハイビーム、全車速追従走行可能なACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)などの機能が含まれる。

これら先進装備などの強化に伴い、車両価格は約6万5000~10万4000円アップした。なお、グレード構成は変わらずエントリーグレードの「E」(2WD :251万8560円)から、最上級の「Aツーリングセレクション」(2WD:328万4280万/4WD:347万8680円)までの全7グレードから選べる。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(GQ JAPAN 稲垣邦康(GQ))

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します