現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【モータースポーツ】トヨタ・セリカ 世界ラリー奮戦の歴史を振りかえる(その3)

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.17

【モータースポーツ】トヨタ・セリカ 世界ラリー奮戦の歴史を振りかえる(その3)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市販車では少しナンパな路線で売られていたセリカだが、モータースポーツではラリーを中心にヘビーデューティに使われていた。最終回は初代までさかのぼって、トヨタの本格参戦前史を紹介しよう。

セリカとオベ・アンダーソン。この出会いが、すべての始まりだった。

セリカは初代からラリーに挑戦した。1960年代からトヨタは欧州イベントでマークII GSSを走らせてはいたが、欧州市場で存在を示すために、ラリーへの本格参戦を決定した。当時のトップドライバーであるオベ・アンダーソンと契約、マシンは新型の初代セリカ(TA22)だ。

デビュー戦となった1972年11月のRACラリーでは、9位に入った。ちなみにアンダーソンは、75年にトヨタの実戦部隊となるTTE(トヨタ・チーム・ヨーロッパ)を立ち上げることになる。

TA22 初代セリカはノーマルに近いグループ2仕様で、上位入賞は難しかった。73年から選手権が世界戦に格上げされると、ほどなく参戦マシンは、セリカと同じ2T-Gエンジンを小型軽量ボディに積んだTE27 カローラ レビンにスイッチされる。

しかし1.6Lの排気量ではライバルに劣り、セリカ2000GT(RA20)に再び出番が回ってきた。ヘッドを4バルブ化した2Lの18R-G改は、シュニッツァーによるチューンで約240psを発揮した。76年のデビュー戦で2位に入るなど、表彰台の常連となる活躍を見せた。

その後、2代目セリカのRA40に78年シーズン途中に交替。当初は18R-Gがグループ2規定によりノーマルの2バルブ仕様しか認められないなど苦戦したが、82年までに何度か表彰台を経験した。(文:武田 隆)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Webモーターマガジン ホリデーオート編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • nur*****|2018/12/17 13:34

    違反報告

    40系のセリカはパワーも少ないのに車輌重量の重さが足枷になってたなぁ。 広々としたガラスな相当重いだろうし。。
    参戦がセリカではなくコロナだったら、どの様な結果になったのだろう?
  • qhc*****|2018/12/17 13:15

    違反報告

    ラリーは自然を破壊してるので廃止にしたほうがいい。
  • nan*****|2018/12/17 23:26

    違反報告

    「トヨタの本格参戦前史を紹介しよう」
       ↑
    前史ちゃうで(笑)、70年頃を境にプロトタイプでのロードレースを辞めた後に乗用車ベースでの競技活動をスタートさせたんよ。
    オイルショック等種々の社会情勢を背景にしながらもエントリーしていただけの話。
    27レビンにしてもRリジッドサスはスペシャル仕様やったし、そもそもスペシャルヘッドを造った事自体相当な事なんやけどね。
    ヨーロッパ車は既に恐ろしいラリーベース車を発売していたけど、それはヨーロッパだからこそやで。
    単純にあの頃の海外勢とトヨタを比較は出来んわ、トヨタは出来る範囲でよくやった思うで。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します