現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > KTMがエンデューロモデルFREERIDE 250Fを発売

ここから本文です
業界ニュース 2018.12.15

KTMがエンデューロモデルFREERIDE 250Fを発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KTM Japanは、FREERIDE 250Fの2019年モデルを、全国のKTM 正規ディーラーにて発売する。

KTM・ FREERIDE250F/960,000円

    【CBR1000RR・Ninja650・YZF-R1】ブリヂストンの新型スポーツタイヤ「バトラックスS22」は250km/h超でも抜群の安定性!

 FREERIDINGの理想に100%コミットするKTM FREERIDE 250Fは、競技用エンデューロバイクのKTM 250EXC-Fをベースとした非常にコンパクト、かつ太いトルクと扱いやすいレスポンスのエンジンを搭載している。
 エンジンは特別に設計された軽量シャシーにマウントされているため、KTM FREERIDE250Fは最高の乗り心地と、純粋なトライアルバイクのレベルに近い程の敏捷性を備えている。 
 スチール製フレームのフロント部分は溶接され、優れた安定性が得られるように最適化されている。またリアサスペンションと軽量のリアサブフレームを支える鍛造アルミニウムフレームは、メインフレームにボルト止めされている。先進的なWP製XPLORフォークとショックアブゾーバーは、豊富なストローク量を持ち調整も簡単。
 これらの特徴を持つKTM FREERIDE250Fは、誰にでも扱いやすい、気軽なハイキング・エンデューロであるとともに、低排出ガスや低い騒音レベル、および林道に優しいMaxxis Trialmaxxタイヤの採用など、細部にまで配慮を施した非常に環境に優しいモデルである。

■主な特徴

・6速トランスミッションとトルク重視型の性能特性を備えた最先端の超小型 4ストロークエンジン耐摩耗鋼製バスケットとダイヤフラムスプリングを備えた油圧DSクラッチ
・クロームモリブデン鋼と鍛造アルミニウムで作られた複合フレーム、サブフレームは軽量なポリマー製
・新型のCNC加工トリプルクランプと250mmのストローク量を持つ調整可能なWP製サスペンションXPLOR43フォーク
・多彩な調整と260mmのストローク量を持つ新しいXPLOR PDSショックアブゾーバーを備えたWPリアサスペンション
・非常に軽量、わずか98.5kgの車輌重量(燃料含まず)
・セルスターターと軽量リチウムイオンバッテリー
・偏心マウントされた調整可能なフットペグ
・フロント21インチ、リア18インチの陽極酸化アルミニウムリム、CNC加工ハブにMaxxis Trialmaxxタイヤを装着したGiant製スポークホイール

■発売予定時期とメーカー希望小売価格

発売予定時期: 2018年12月
メーカー希望小売価格:960,000円(車輌本体価格・税込)

■主要諸元

エンジン型式: 水冷 4 ストローク単気筒
総排気量: 249 cc
始動方式: セルスターター式
変速機: 6 速
燃料供給方式: EFI(Keihin製スロットルボディΦ42mm)
サスペンション: F / R F:WP製 Xplor Φ43mm、R:WP 製 Xplor PDSショックアブゾーバー
タイヤ: F/R F:2.75-21”/R:4.00-18”
車輌重量: 約98.5kg(燃料除く)

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します